オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

もう一度泊まりたいお宿

「ザ・リッツ・カールトン京都」⑤朝食

「ザ・リッツ・カールトン京都」の朝食は、2日とも「ラ・ロカンダ」でいただきました。 2日続けて、窓側の同じソフア席に案内してくださいました。 1日目は洋食をいただきました。 お酢のドリンクと葡萄のジュースからスタートです。 卵料理をオーダーして…

「ザ・リッツ・カールトン京都」④アートツアー

最近は、館内のアートツアーをするホテルが増えましたが、「ザ・リッツ・カールトン京都」の「アートツアー」は圧巻でした。 ホテル内のアートは「源氏物語」をコンセプトにしていて、80人の日本人アーティストによる400点以上ものアート作品があるそう…

「ザ・リッツ・カールトン京都」③「会席 水暉」の夕食

連日の旅行“支援”の報道で、なんだか気分が“下げ下げ”になってしまいましたが、書きかけの「ザ・リッツ・カールトン京都」の続きで、今日はレストランでの夕食についてです。 夕食は、1泊目は「ラ・ロカンダ」でイタリアンをいただきましたが、写真の撮り忘…

「ザ・リッツ・カールトン京都」②部屋(グランドデラックスカモガワリバービュー)

外国人旅行客の制限大幅緩和で(かどうかは定かではありませんが)、すでに一泊20万円越えになっていたと昨日書いたお部屋が、この時利用した「グランドデラックスカモガワリバービュー」というカテゴリーです。 鴨川側にある普通のゲストルームで、広さは…

行っておいてよかった「ザ・リッツ・カールトン京都」①

今日から全国旅行支援がスタートし、外国人旅行客に対する制限も大幅緩和されますね。 フ〜、多くの観光業界の方々には申し訳ないですが、人混み苦手なオババは、なんだかドヨヨ〜ンですワ。 すでにいくつか予定を立てていますが、人混みを避けつつ、より一…

岐阜県「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」③食事

お食事は、夕食・朝食ともに、1階のお食事処でいただきました。 お庭が見える個室になっています。 なにぶんにも過去の宿泊記ですので、写真があまり残っておらず、ほとんど参考にならないと思いますが、ザザザ〜ッと写真だけアップしますね。 食前酒と先付…

岐阜県「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」②部屋(中央)

客室は、4階から10階までの各フロアに3室ずつ、計21室があります。 こちらがエレベーターを降りたフロアの様子ですが、 建物の中とは思えないでしょ。 温泉街を向いて、3室が並んだ形で配されていて、 オババたちが宿泊したのは、中央のお部屋です。 …

もう一度泊まりたいお宿:岐阜県「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」

過去の旅行記で恐縮ですが、今日は「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」です。 仕事絡みで名古屋に行った帰りに、温泉好きの相方さんが、サプライズで予約してくれていました。 “もう一度泊まりたいお宿”のカテゴリーで書いていますが、オババの“もう一度”…

山口県「古稀庵」③夕食と朝食

「古稀庵」の夕食は、お食事処でいただきました。 個室も何室かあるようでしたが、オババたちは、窓側のテーブルに案内されました。 2月にいただいたお食事ですが、詳しい内容は覚えていませんので、ご了承ください。 先付け。 前菜。 お造り。 これは山口…

山口県「古稀庵」②部屋(露草)

素敵なロビーで一息ついて、 長〜い渡り廊下を 迷路のように案内されて、 たどり着いたのが「露草」のお部屋。 お部屋は52m2と、ロビーのゆったり感からすると、ごくごく普通。 和室が苦手なオババですので、実質この空間だけですからね。 でも、居心地を…

もう一度泊まりたいお宿:山口県「古稀庵」①

山口県の湯田温泉にある「古稀庵」。 福岡からもアクセスしやすい場所にありますので、次回宿泊した時に記事にしようと思っていましたが、 こちらもおひとりさまでは宿泊を受け付けていないということを知り、再訪がいつになるかわかりませんので、記事にし…

三重県「御宿The Earth」②部屋(オーシャンスイート)

お部屋は、“海に最も近く”という説明を見て、「オーシャンスイート」にしました。(写真はHPから) 「御宿The Earth」のお部屋の中では“最もシンプルなデザイン”のお部屋だそうですが、オババは和室は使いませんし、広さも61m2あるとのことでしたので十分…

もう一度泊まりたいお宿:三重県「御宿The Earth」①

志摩の「ザ ベイスイート」に宿泊した際、鳥羽の「御宿The Earth」に一泊したことがあります。 次回、再訪した時に記事にしようと思っていましたが、 こちらのお宿は、おひとりさまでは受け入れてもらえないようで、記事にしておくことにしました。 鳥羽駅か…

沖縄県「百名伽藍」④朝食と雑記

朝食も、海を眺めながらいただきました。 搾りたてのフレッシュジュースをいただき、 これも和琉食というのかしら・・・・ 沖縄テイストが加わった和食風の朝食。 デザートは、フルーツとヨーグルトでした。 もし、「もう飛行機には乗らない!」という禁を破…

沖縄県「百名伽藍」③夕食

今日は「百名伽藍」でいただいた夕食についてです。 なにぶんにも、コロナ前の宿泊を引っ張り出してきていますので、現在と内容が大きく異なるかもしれませんがご了承ください。 夕食は、お食事処の「甘露」で、海を眺めながらいただきました。 チェックイン…

沖縄県「百名伽藍」②部屋(エグゼクティブスイート)

「百名伽藍」のスタンダードのお部屋「エグゼクティブスイート」の様子です。 (コロナ前の古い宿泊を持ち出してきていますが、現在も大きな変化がないことを確認して投稿しています。) 同じカテゴリーでも、お部屋によってあつらえが異なるそうですが、こ…

もう一度泊まりたいお宿:沖縄県「百名伽藍」①

昨日、沖縄の記事を書きましたが、もう一つ書いておきたいお宿があります。 一度しか(しかも一泊しか)宿泊したことがありませんので、「もう一度泊まりたいお宿」のカテゴリーで書きます。 コロナ前に訪れましたので、古い宿泊を取り上げて恐縮ですが、 か…

宮城県「竹泉荘 CHIKUSENSO ONSEN」④朝食と雑記

「竹泉荘」の朝食も、夕食と同じ「竈神」の同じテーブルでいただきました。 朝から盛りだくさんのお食事です。 お野菜のサラダもみずみずしく、 お釜で炊かれた蔵王のお米も、ツヤツヤして美味でした。 朝食も、デザートまで完食です。 食事の後は、広いお庭…

宮城県「竹泉荘 CHIKUSENSO ONSEN」③夕食

竹泉荘のお食事は、お食事処の「竈神(かまじん)」でいただきました。 竈(かまど)の神様が見守るレストランという意味だそうです。 テーブル席もありますが、 オババたちは、中庭に面したセミオープンの個室に案内されました。 (お隣のお部屋を撮らせて…

宮城県「竹泉荘 CHIKUSENSO ONSEN」②部屋(サイプレススイート)

竹泉荘には、13タイプのお部屋があるそうで、その中でオババたちが利用したのは「サイプレススイート」です。 サイプレスとは、ヒノキ科の木材のようですが、何がサイプレスなのかは分からずじまい。 檜風呂があるお部屋でしたので、もしかしたら、檜風呂…

もう一度泊まりたいお宿:宮城県「竹泉荘 CHIKUSENSO ONSEN」①

今回取り上げるのは、宮城県の遠刈田温泉にある「竹泉荘 CHIKUSENSO ONSEN」です。 所用で仙台に行った時に、せっかくここまで来たのだからと、無理やり予定に詰め込んで訪れたお宿です。 2万坪もの広大な敷地に30室というそれはそれは贅沢なお宿でした。…

徳島県「ホテルリッジ」③食事

「ホテルリッジ」でいただいた夕食と朝食についてです。 夕食は、敷地内の「万里荘」で和会席をいただきました。(写真はHPから) HPによると、枯山水の日本庭園を囲んでいて、白壁が万里の長城を思わせる・・・とのことですが、お天気が悪く日も暮れていた…

徳島県「ホテルリッジ」②部屋(洋奏ツイン)

今日は「ホテルリッジ」のお部屋の様子についてです。 和奏ツインが4室、洋奏ツインが6室の計10室のお宿ですが、そもそも“奏”とは何ぞや?という感じですよね。 和奏といっても和室があるわけでもないようで、広さもあまり変わりません。 どちらも洋室で…

もう一度泊まりたいお宿:徳島県「ホテルリッジ」①

“つなぎ記事”として始めた「もう一度泊まりたいお宿」のカテゴリーですが、今回は、徳島県の鳴門パークヒルズにある「ホテルリッジ」を取り上げます。 鳴門といえば、今や巨大グループとなった大塚製薬の発祥の地です。 そう、「ホテルリッジ」も大塚のグル…

兵庫県「有馬山叢 御所別墅」③食事

「有馬山叢 御所別墅」のお食事は、“山家(やまが)会席料理”とのこと。 ”山家”???山菜料理や猪かしら・・・なんて思っていましたが、こちらのお宿で言う”山家”とは、“わが家”を意味するのですって。 御所別墅の前身は清水寺だそうで、尼僧さんが避暑に訪…

兵庫県「有馬山叢 御所別墅」②部屋(山叢)

今日は、「有馬山叢 御所別墅」のお部屋の様子です。 こちらのお宿には、母屋から下った滝川沿いに、メゾネットタイプの「瀧川」のお部屋が5室(と言っても、上から覗いただけで、詳しくは分かりませんが)と、 母屋からお庭を横切って山側に、平屋造りの「…

もう一度泊まりたいお宿:兵庫県「有馬山叢 御所別墅」①

気に入ったお宿には、何度も訪れるタイプのオババですが、もう一度泊まりたいのだけれども、もう訪れる機会はないかなぁと思うお宿を取り上げています。 今回は、有馬温泉の「有馬山叢 御所別墅」。 なんだか難しい字ですよね。「ありまさんそう ごしょべっ…

山口県「別邸 音信」③食事

もう一度泊まりたいけれども、多分再訪するのは難しいだろうなぁと思うお宿をピックアップしています。 山口県湯本温泉にある「別邸 音信」の3回目、今日はお食事についてです。 「別邸 音信」には、日本料理の「雲遊」があり、1日目の夕食と、朝食は2日とも…

山口県「別邸 音信」②部屋

もう一度泊まりたいけど、様々な理由で再訪が難しいと思われるお宿(=今後の旅行記には登場しないであろうお宿)をピックアップしています。 昨日に続き、山口県湯本温泉の「別邸 音信(おとずれ)」のお部屋についてです。 全18室のスモールラグジュアリ…

もう一度泊まりたいお宿:山口県「別邸 音信」①

お国が、“観光立国”の方針を打ち出して以来、次々と新しいお宿ができていますね。 外資系はバンバン入ってきていますし、 日系も、資金のあるグループ企業が、次々と新しいホテルを建てたり、従来のお宿を買収してリブランドしたり。 老舗は老舗で、増築だの…