オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

乗り物

「ろくもん4号」で長野から軽井沢に移動

先日「ななつ星in九州」と「四季島」の記事をアップしたばかりで、今度は「ろくもん」となると、“乗り鉄”かと勘違いされそうですが、イエイエ、(今のところ)まったく鉄分はありません。 とは言っても、 旅行といえば観光に夢中だった若い頃は、ホテルが単…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ:⑦まとめ

“ネタつなぎ”で書き続けた列車の旅の比較記事ですが、さすがにそろそろ締めようと思います。 スタイリッシュな「四季島」とクラシックな「ななつ星」・・・ 共に3泊4日のツアーに参加して、それぞれ、これまでに経験したことがない列車の旅を楽しませても…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ:⑥食事

「ななつ星」と「四季島」の食事に関しては、決定的な違いがあります。 それは、「四季島」には厨房があるということ。 つまり「四季島」は、列車内で調理ができるということなのです。 残念ながら「ななつ星」には厨房がありませんので、言ってみれば機内食…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ:⑤部屋

今日はお部屋について書こうと思いますが、「ななつ星」は一番スタンダードのお部屋、「四季島」は一番高額のお部屋でしたので、単純比較はできませんが、雰囲気だけお伝えできればと思います。 まずは四季島から。 春夏秋冬を表現した四季島の車両デザイン…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ:④車両

“ネタつなぎ”で引っ張り出してきた過去の列車旅ですが、4回目にして、ようやく列車内に入ります。 「四季島」の車体は、シャンパンゴールドのとってもスタイリッシュなデザイン。 車両をデザインしたのは、元フェラリーのデザイナーでもあった奥山清行氏で…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ:③出発ラウンジ

なかなか列車の乗り比べにたどり着きませんが、今日は出発ラウンジの比較です。 まずは「四季島」です。 「四季島」は、上野駅に、利用者専用のラウンジ「プロローグ四季島」があります。 「四季島スイート」と「デラックススイート」の利用客には、上野駅ま…

「ななつ星 in九州」「四季島」勝手に乗り比べ:②出発まで

「ななつ星」も「四季島」も、オババが応募を始めたのは、第2期の募集からでしたが、実際に乗車したのは、「ななつ星」が第7期、「四季島」が第3期でした。 ですので、それぞれの熟練度の違いもあるでしょうし、そもそも乗車から結構の月日が経っています…

「ななつ星 in 九州」「四季島」勝手に乗り比べ :①当選まで

試行錯誤、紆余曲折の“ネタつなぎ”の記事です。 2013年にJR九州が、『クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」』の運行を開始して以来、次々と各地に観光列車が登場しています。 2017年の5月からは、JR東日本が「TRAIN SUITE 四季島」を 翌6月からは…