オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

日本100名城「彦根城」と「玄宮園」

今回はちょっと“コスイ”(コスイって方言かしら・・・)投稿です。

というのも、今回の旅程に含まれていたのは、お隣の「玄宮園」だったのです。

 

ちょっとお城に興味がある(フリをしている?)オババですので、

玄宮園」散策という旅程を見て、事前に旅行会社に、一人別行動で「彦根城」に行く許可をいただいていました。

 

ところが当日になって、ツアーが「玄宮園」を散策する前に「彦根博物館」を見学して、帰りに(スタンプがある)「開国記念館」に寄ることを知ると、

ヘナヘナヘナ・・・と、「彦根城」まで登る元気が萎えてしまったのです。

(所詮オババのお城への興味はその程度ということですワ・・・笑)

 

彦根城」には、ずいぶん前に一度登城したこともあり、一応それで行ったことにさせてもらって、今回は少し離れて眺めるだけにしました。

 

ということで、今回は、HPの案内図の右下半分を訪れた形です。

 

で、彦根城ですが、明治維新の廃城令も戦災も免れた現存12天守の一つ。

国宝に指定されている5城の一つでもあります。

 

彦根は、信長・秀吉・家康などが拠点とした名古屋から京都への重要な通過地点であり、

山や湖に囲まれ、築城には好都合な地形でもあります。

すぐ近くには、信長の重臣丹羽長秀や、秀吉の重臣石田三成が城主となった佐和山城があります。

そして家康が重臣の井伊家に命じて作らせたのがこの彦根城です。

 

中堀を渡って、佐和口から入ります。

左が二の丸佐和口多聞櫓、右の多聞櫓が現在開国記念館になっています。

(ともに昭和になって再建されたものです)

 

こちらは馬屋です。

城内に馬屋が残っているのは彦根城だけとのこと。

こんな風に、藩主の馬などが21頭いたそうです。

 

内堀にかかる表門橋と表門。

(当時は大手門側が正門だったようです)

 

看板には「ひこにゃん」のスケジュールが書かれていますよ。

 

こちらが、彦根藩の政庁と藩主の住まいを兼ねた表御殿です。

昭和62年の彦根市市政50周年を記念して、彦根城博物館として復元されました。

 

建物の中央には、能舞台もあります。

 

藩主の居室だった「奥向き」には、庭園もあります。

 

彦根城は、石垣にさまざまな工夫がされていたと言われますが、

今回は、遠くから見るだけ。

 

目的の「玄宮園」に向かいます。

 

二度咲きの桜が咲いていました。

日本人ですね。桜が咲いているだけで嬉しくなってしまいます。

 

玄宮園」は、4代藩主・井伊直興下屋敷として建立された「槻御殿」のお庭になります。

現在は、建物部分を「楽々園」、

 

お庭の部分を「玄宮園」と呼んでいます。

玄宮園は、池水を中心とした回遊式庭園で、

 

9つの橋がかかり、

 

船小屋も設けられています。

 

そして何よりも、ここから見るお城の姿が美しいのです。

 

もう少しアップしてお城を写します。

変化に富んだ破風が特徴とされる彦根城です。

 

開国記念館で(前回登城した時分の)100名城スタンプを押して

 

御城印を購入しました。

 

【滋賀】ロテル・デュ・ラクの洋朝食

年末年始を「ロテル・デュ・ラク」で2泊し、再び「SOWER」で朝食をいただきました。

前日は元旦ということで、おせちとお雑煮でしたが、2日目の朝は、本来の洋朝食が出されました。

 

まずは「本日の飲み物」・・・すみません、まだ1ヶ月も経っていないというのに、何のジュースだったか覚えていません。

 

「季節野菜のスープ」・・・ヒエ〜!これも記憶にありません。見た目はパンプキンのようですね。

朝食は、お若い日本人女性の方がメインで作っていらっしゃるようで、その方がスープの味見をしながら、他のスタッフに指示していらっしゃったことは記憶しているのですがぁ・・・。

 

グラノーラ、ヨーグルト」

これは記憶しています。自家製ヨーグルトのようで、見た目はカッテージチーズみたいな感じでしたが、美味しいヨーグルトでした。

グラノーラも、いろいろな種類のナッツがたっぷり入っていました。

 

「季節野菜のタルティーヌ、パネッレ、サラダ」

タルティーヌは、パンをカットしてくださっていたので、可愛い具材を落とすことなくいただけました。

ポーチドエッグの横にあるポテトみたいなのがパネッレというのだそう。

ポテトではなく、ひよこ豆で作っているそうです。

 

そして最後にコーヒーをいただきました。

 

琵琶湖の北部に佇む「ロテル・デュ・ラク」。

オババにとっては、初めてのオーベルジュステイでした。

シェフはロサンゼルスのご出身とのことでしたが、確かにヨーロッパ系とは違う、もちろん日系とも異なる感覚のお料理がいただけました。

鹿ちゃんを食したのも初めての経験でした。

 

一人で滞在していたら、ボ〜ッと琵琶湖を眺める時間が中心になって、今回とは異なる経験になっていたかもしれません。

それでも、何十年ぶりかに、のんびりゆったりの年末年始を過ごすことができ、1年の良いスタートとなりました。

さてさて来年は、どこで(誰と)どのように迎えるのでしょうね。

 

【滋賀】ロテル・デュ・ラク「SOWER」の夕食(2泊目)

2泊目の夕食も、1階のレストラン「SOWER」でいただきます。

オープンキッチンのレストランで、

カリフォルニア出身のシェフが生み出すイノベーティブなお料理は人気が高く、お食事のために訪れる方も多いそうです。

 

最近お料理でよく、「イノベーティブ」という言葉が聞かれるようになりましたよね。

オババは、どちらかと言えば、クラシックスタイルが好きですし、

食べ歩きをするほどのグルメでもないので、ほとんど未知な世界です。

「創作和食」とか「創作フレンチ」とかとも違って、和洋中の枠組みさえ取り払った「斬新な」お料理ということでしょうか。

 

1年ほど前に、連泊した京都のホテルのレストランが、やはり「イノベーティブ」をうたっていて、

今回と同じように、メニューが食材のみの羅列で、なんのこっちゃ分からないまま、朝と夜2回ずつの計4回を連続でいただいたことを思い出します。

 

今回のメニューもこんな感じです。

イノベーティブで料理名がないからか、やっぱり食材の羅列です。

 

では1泊目の時と同様に今回も、メニューどおりに記載しますね。

 

ウェルカムドリンクで、前日と同じロゼのスパークリングを出していただいた後、

最初に出されたのが「椎茸、鴨ハム、ベルガモット」。

 

次が「ニゴイの塩焼き」

 

今日は、ニュージーランドピノノワールをいただいてみました。

 

「根菜、黒ニンニク、アマゴの卵」

 

「鰆、人参、燻製ワカメ」

 

で、やっぱり今日も出ました鹿ちゃん!!

「美浜産鹿と栗のご飯」

 

シェフ自らがよそってくれました。


今日は2回目だからか、大好きな栗と一緒だったからか、フツウにいただけました・・・って、ジビエ好きな方には申し訳ないコメントでスミマセン。

 

デザートは「苺とローズ」

 

そして「最後の一口」は、前日と同じハーブティーと一緒にいただきました。

 

例えばお鮨でも、福岡在住のオババは、玄海の新鮮なお魚をウリにしている握りに慣れ親しんでいるので、江戸前鮨の繊細な技術の違いがよく分かりません。

それと同じで、今回、二夜続けていただいたイノベーティブなお料理も、微妙なお味や技術の違いは理解できないまま、美味しかったで終わりました。

なんでもシェフは、超有名なレストランで修行なさった方で、高い技術をお持ちの方・・・というのが食通ライターさんのコメントのようです。

 

【滋賀】ロテル・デュ・ラクのお正月料理

ロテル・デュ・ラクで迎えた新年・・・

これまでは、お正月といえども、相方さんは元旦から何度も職場に出かけていましたし、

オババはオババで、相方さんの行動に合わせて家事をしつつ、自宅のパソコンに向かって、12月分の締めだの、仕事初めまでに仕上げる書類などに取り組んでいました。

 

ですので今年は、本当に何十年かぶりに、ゆったりと落ち着いた気持ちで、新年を迎えることができました。

 

4万坪という広大な敷地に建つロテル・デュ・ラクです。

運が良ければ初日の出が見れるということで、日の出の時間に合わせて、ホテルの車で、敷地内の高台に連れて行っていただきました。

 

かなり厚い雲が立ち込めていますね。

 

赤く染まった細〜い隙間に期待をかけて待ちます。

 

ウ〜ン・・・日の出予想時間になっても、太陽は現れません。

 

どうやら太陽は、半島寄りの雲が厚いところにいらっしゃる模様。

 

残念ながら初日の出を見ることはできませんでした。

 

でも、キ〜ンと澄んだ空気の中、やうやう白くなりゆく(山際ならぬ)キラキラと光る湖面に、

初日の出に感じると同じような神々しさを感じました。

きっと今年も佳い年になる・・・ってね。

 

ホテルに戻って、部屋に向かう途中、

ここで初日の出に遭遇〜!!

ウン、絶対に佳い年になるワ。

 

ロテル・デュ・ラクの朝食は、夕食と同じ「SOWER」でいただきます。

カリフォルニはご出身のシェフによるイノベーティブなお正月料理かしら??と思っていましたが、

どうやら、シェフは朝食には携わっていらっしゃらないご様子。

 

まず飲み物が出され、

 

プレートに盛り付けられたお料理が運ばれてきました。

若い感覚のおせちですね。

 

そしてお雑煮。

そうかぁ・・・関西だから白みそのお雑煮なのですね。

 

お雑煮は、お出汁の取り方から具材、お餅の形など、地方地方でずいぶん異なりますよね。

福岡のお雑煮は、アゴ出汁のすまし汁に、鰤とカツオ菜が入っていて、お餅は丸餅を使います。

旅行から帰って、やっぱり福岡のお雑煮を食べなくては新年が始まらないわ・・・ということで、福岡のお雑煮で仕切り直しましたので、蛇足ですが、ちょっとアップしておきますね。

福岡のお雑煮はこんな感じです。

 

 

 

【滋賀】ロテル・デュ・ラク「SOWER」の夕食(1泊目)

ロテル・デュ・ラクのお食事は、1階にあるレストラン「SOWER」でいただきます。

 

“湖北地方の小さなオーベルジュ”を謳っている「ロテル・デュ・ラク」ですので、お食事には期待です。

 

昨年春に、カリフォルニア出身のシェフを招いて、リニューアルオープンさせたレストランで、

“周辺の歴史風土や食文化に再定義される、ここにしかない食”を目指しているのだそう。

 

準備ができるまで、レストラン前のラウンジで待ちます。

 

準備ができると、1組ずつ店内へ案内されます。

 

大きなワインセラーの前を通って、

 

オープンキッチンを囲むカウンター席に案内されました。

 

シェフはこの方。

(写真掲載の許可はいただいていないのですが、HPその他にいっぱい登場していらっしゃいますので許してくださると信じて・・・)

 

お料理はイノベーティブとのことで、説明が難しいお料理ばかり。

メニューに記載されているとおりに書きますので、あとは想像してくださいね。

 

最初に出されたのが「おうみ海老と自然薯のドーナツ」

 

「鰆、グリーントマト、塩漬けチリ」

軽く炙られた鰆をちょっとめくると、こんな感じです。

 

「蕪、白菜、伊吹タイム」

 

ここで、ロゼのスパークリングから、ロワールの赤に。

オババは、某ホテルのワインアカデミーに2〜3年通ったことがあり、ワインは多少分かるつもりでいたのですが、

アメリカ人シェフだからか、イノベーティブだからか、(もちろんオババの知識不足もありますが)、ワインの取り揃えが、葡萄の品種も含めて馴染みのないものばかりで、

数少ない知っていたワインの一つがこのロワールでした。

・・・と脱線しましたが、

 

次のお料理は「鰤、卵黄、春菊」

 

 

次に登場したのが「美浜産鹿、菊芋、ベリー」

キャ〜!!鹿ちゃんですぅ〜。

ジビエ苦手かもぉ・・・。

 

こうなれば、ワイン追加です。

う〜ん・・・聞いたことないワインだけど・・・

 

鹿ちゃんは、あのクルクルお目々の可愛いお顔が目に浮かんで、残したら可哀想と思って、超ウェルダンにしてもらって食しました。

・・・と、人生お初の鹿ちゃんは、想像していた以上に食べやすかったです。

 

すると、またまたジビエ。今度は猪です。

こんな風にグリルしたものと、

土鍋で落花生と炊き込んだご飯に混ぜ混ぜした

「猪と落花生のご飯」

猪は、何度かいただいたことがありますが、このようにご飯に混ぜるのは初めて。

ほんの少しだけよそってもらって、こちらもきちんと食しました。

 

デザートは「南瓜、黒糖、みかん」

 

そして「最後の一口」をハーブティーと一緒にいただきました。

 

ジビエというと、どうしても元の姿がチラチラしてしまいます。

(オババはそこまで食通ではないもので・・・汗)

こうして2022年最後の食事をいただいたのデシタ。

 

【滋賀】ロテル・デュ・ラク:「月」のお部屋

今回オババたちが宿泊したのは、「月」というお部屋です。

1階にある「ラグジュアリースイート」というカテゴリーで、同じカテゴリーには「月」のお部屋のほかに「桜」というお部屋もあります。

 

2階にある玄関を入って、階段で1階に降り、

 

廊下をズンズン進んだ一番奥の角部屋が「月」のお部屋です。

 

お部屋の扉を開けると、リビングスペースが現れます。

 

他の方のブログでは、ソフアは外の景色に向かって置かれていましたが、テレビ大好きな相方さんに合わせてか(笑)、

 

こちらのお部屋のソフアは、テレビを向いて置かれていました。

(大晦日には必ず紅白を観る相方さんです)

 

オババは窓側の、フットレスト付きのこちらの椅子にいることが多かったです。

 

テーブルの上には、お菓子とティーパック。

(お菓子はいただいていないので詳しくはわかりません)

 

リビングの横に小部屋があって、

 

この中にコーヒーと、

 

冷たい飲み物が準備されていました。

コンプリメンタリーとのことでしたが、こちらもいただく機会がありませんでした。

 

リビングの奥がベッドルームになっています。

 

パジャマはセパレートタイプ。

 

お部屋の間取りはこんな感じです(間取り図はHPから引用しています)。

玄関入ってすぐの右側がパウダールームになっていて、

 

奥にバスルームと、独立したシャワールームがあります。

 

アメニティー類。

 

ディプティックというフランスのフレグランスブランドで、品質は良いのですが、

とにかく容器が硬い!!

指先に力が入らないオババがいくら押しても振っても出てこなくて(特にコンディショナー)、シャワールームでどれだけ格闘したか・・・

 

そうそう、お部屋からの景観はこんな感じです。

1階とはいえ斜面に建っているので、琵琶湖が見渡せます。

右側に見えているのが、古来から“神の島”と言われてきた「竹生島」です。

 

今回は、観光に出ている時間が長かったり、(生活スタイルが異なる)相方さんと一緒だったりで、(オババが好きな)景色を見ながらボ〜ッとする時間は取れませんでしたが、

ここ何十年で初めての、のんびりゆったりの年末年始を過ごすことができました。

 

 

 

【滋賀】琵琶湖のほとりに佇む「ロテル・デュ・ラク」

今回は、琵琶湖北部の長浜市にある「ロテル・デュ・ラク」に連泊しました。

約4万坪の敷地に全15室というオーベルジュ型のリゾートホテルです。

オババが以前から気になっていたお宿の一つで、こういうお宿で年末年始を過ごすことができるなんて、かつての慌ただしい年越しからは想像ができません。

それだけ年齢を重ねたということでしょうね。

例年であれば、この辺りは雪が積もっているそうで、そういう点でもラッキーでした。

 

琵琶湖に面した斜面に建てられていて、

 

本館のエントランスは、建物の2階に位置しています。

 

フロントと同じこの2階には、40m2の「レイクビューシアタールーム」のカテゴリの客室が4室、

 

階段を降りた1階には、

80m2の「ラグジュアリースイート」の客室が2部屋あります。

 

また敷地内には、60m2のヴィラが9棟あり、

ワンちゃんと一緒に泊まることができるヴィラもあるようですよ。

 

本館1階には、昨年春にグランドオープンしたレストラン「SOWER」があります。

 

なんと言っても“オーベルジュ”を謳っているホテルですので、お食事についてはまた後日、じっくりお伝えしたいと思います。

 

レストランの前は、ゆったりと寛げるラウンジになっています。

 

常時、セルフでお飲み物をいただけますし、

 

雑誌もいろいろ取り揃えられています。

(こちらのホテルやレストランが取り上げられている雑誌が中心でした)

 

ラウンジ横の階段の踊り場にもソフアが置かれていて、こちらからは、琵琶湖の風景が望めます。

 

本館の2階には、貸切風呂が2つあります。

グループ会社の温泉施設から運んできた温泉に、井戸水を沸かしたお湯を混ぜて、循環濾過しているようです。

 

オババは利用しませんでしたが、温泉大好きな相方さんが2日とも利用していましたので、写真だけ撮らせてもらいました。

とっても気持ちが良かったそうですよ。

 

こちらは「エメロード

 

内湯のほかに露天風呂もあります。

 

身支度スペースもゆったりしています。

 

もう一つが「サフィール」。

 

こちらは露天風呂がありませんが、内湯が大きめです。

 

身支度スペースは、ほとんど同じような感じです。

 

今回は寒い時期での訪問でしたが、

桜の季節には、湖に遊覧船が出るくらいの見事な桜並木で賑わうそうですし、

敷地内にはプールやテニスコートもあり、美しい自然の中で、アウトドアも楽しめるようです。