オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【大分】「亀の井別荘」1泊目の夕食

「亀の井別荘」のお食事は、原則、離れはお部屋食、本館洋室はレストラン「蛍火園」での提供になるようです。

 

「亀の井別荘」での1泊目は、洋室「翠園」に宿泊しましたので、本館1階のレストラン「蛍火園」でいただきました。

3列に並べられたテーブルの中央の列は使わず、両側の窓側に席が設けられていました。

 

最近は、旅館でも、ワインが充実しているお宿が増えましたが、こちらの品揃えは見事!

シャンパーニュは「サロン」もありましたし、

ブルゴーニュの有名どころやカリフォルニアの「オーパス・ワン」、貴腐ワインまでありました。

ただし、お値段もそれなり。

2007年の「サロン」が30万ですからね。

 

オババたちは、ごくごく“おとな〜しめ”をいただきました。

デラモットと、

 

ルイ・ジャドのモレサンドニ

エノテカで買ったら◯円くらいなのに・・・なぁんてケチなことを思いながらね(笑

 

ワインの話はさておき、

まずは先付けの「車海老の春巻き」

今の季節ならではのイチジクの天ぷらもあります。

 

「季節の前菜」

オババ好みの器に、美しく盛られています。

 

・・・と、次のお造りが出されたところで、

 

突然真っ暗!!

台風14号による停電です。

 

急遽、各テーブルに非常用ランタンが配られましたが、

厨房は相当パニックになっていたようで、スタッフさんも右往左往のバタバタ・・・・

 

ここからの写真は、相方さんのスマホでライトアップしてもらって撮りましたが、お食事は、「闇鍋みたいだね」と言いながら、ほとんど何が何だか分からずにいただきました。

 

帆立の真薯のお椀。

 

大分和牛の炭火焼き。

ライトアップして、初めて浅めの焼きだと気づきましたが、とても焼き直しをお願いできる状況ではなく、

体調的にウェルダンしか食べられないオババは、すべて相方さんに食べてもらいました。

 

柔らかくて、とっても美味しかったそうです。

「大分和牛」は、「豊後牛」の中でもグレードの高いものにしかつけられないブランド牛なのだそうです(翌日うかがいました)

 

こんな非常事態にも関わらず、ここでサプライズ料理を出していただきました。

 

相方さんの誕生日ということで、一口赤飯です。

奈良漬かしらと思って口にすると、カラスミでした。

後から伺うと、自家製のカラスミだそうで、こういう状況で出してくださったことにも感激でしたし、とても美味しくいただきました。

 

茄子の白味噌煮。

 

赤むつの若狭焼き。

 

と、ここで本来ならご飯のはずでしたが、お蕎麦が出てきました。

 

その後「お腹はまだ入りますか?」「ご飯は少なめで良いですか?」と尋ねられ、

停電の影響で、ご飯が予定どおりに炊けなかったのだと推測できました(笑

 

少しだけでしたがご飯も出してくださり、

 

デザートまで、(本来の献立以上の)すべてのお料理を出していただきました。

 

停電で、厨房はどれほど大変だったかと思います。

そういう中でも、キチンと最後までお料理を出していただけたことは、さすが老舗旅館ならではです。

【大分】「亀の井別荘」の「百番館」のお部屋

台風が通過すると、予報よりもかなり早い時間に雨風がおさまり、

朝からスタッフさんが総出で“お片付け”です。

 

前日は、「百番館」に通じる通路も水浸しで寸断されていましたが、

そこはさすがに老舗です。

部屋を移動する頃には、何事もなかったかのような落ち着きを取り戻していました。

 

「百番館」の入口にある格子戸をくぐり、

 

玄関へと向かいます。

 

3年前にリニューアルされた離れで、広さは120m2。

 

玄関上がってすぐの左側に、6畳の和室があります。

 

楚々とした秋明菊が、お部屋の雰囲気にぴったり。

 

ふと見上げると、明かりとりの窓が。

 

掘りごたつだったら、こちらのお部屋で、低い視点からのお庭を楽しんだりもあったかもしれません。

残念ながら、使うことのないお部屋になりました。

 

廊下に出た右側には、

 

化粧台が備えられたクローゼットがあり、

 

その向かいに、メインのリビングダイニングがあります。

 

本来ならこちらのテーブルで、夕食・朝食ともにいただくはずでしたが、

昼まで続いた停電で、厨房で夕食が準備ができないとのことで、朝食のみこちらでいただきました。

 

相方さんがソフアを、オババはパーソナルチェアを独占。

 

スタンドの傘もとってもオシャレです。

 

扉も木材を編み込んだようなデザインで、

そういえば、観光列車「四季島」の扉もこんな感じだったワなどと思い出しました。

 

リビングダイニングの奥に、

 

ベッドルームがあります。

 

ヘッド側がデスクになっていて、

 

その背後に

 

ドリンクカウンターや

 

クローゼットのスペース。

 

窓側には、枕元のスイッチで、

 

ビ〜ンと、テレビがせり上がってきます。

 

空気清浄機にもこだわりが感じられます。

 

リビングダイニングには階段があり、

 

トントントンっと上がって行くと、

 

屋根裏部屋になっていて、ここにもベッドが2台置かれています。

なんと、2ベッドルームだったのです。

ファミリーには嬉しいですね。

 

リビングの外にはテラスがあって、

 

ウフフ・・・オババの大好きなスペースです。

 

離れの先には、

 

離れの離れのような形で、温泉があります。

 

シングルの洗面台の先に、

 

広〜い温泉風呂。

源泉掛け流しです。

 

内風呂と露天風呂がつながっていて、

こちらが露天風呂側から撮った写真。

 

老舗旅館であっても、いや、老舗旅館だからこそ、時代のニーズに合わせながら変化して、居心地の良さを提供し続けているのだなぁ・・・と感じる「百番館」でした。

【大分】「亀の井別荘」の「翠園」のお部屋

なかなか予約が取れにくい「百番館」のお部屋を予約し、宿泊を楽しみにしていたのに、よりによって台風と鉢合わせをしてしまいました。

イヤイヤ、今回ばかりは、何が何でも宿泊するぞ!と、予定を早めて、前の日から移動することにしました。

お宿に連絡すると、キャンセルで洋室のお部屋が空いているとのこと。

 

まずは、前泊した洋室のお部屋についてお伝えします。

 

離れ14室と洋室6室の全20室からなる「亀の井別荘」ですが、

6部屋ある洋室は、すべてフロント棟に位置しています。

 

当日の朝に予約して、急遽前泊できるようになったお部屋は、フロントから階段を上がった2階にある

 

「翠園」というお部屋です。

 

部屋のドアを開けると、

 

リビングスペースがあらわれます。

 

数年前にリニューアルされたとのことで、しっとりとした老舗旅館の雰囲気を保ちながらも、現代様式に合わせた機能的なお部屋になっています。

 

趣のある木の隙間戸で仕切られて、ベッドスペースが設けられています。

 

壁側には、

 

上質な机があり、こちらの引き出しに、

 

浴衣が入っていました。

女性には、2種類の柄が用意されていました。

 

机の横にはクローゼットがあり、

 

金庫などが入っています。

 

窓側の一面には造り付けの机があり、

 

こちらに腰掛けて、ボ〜ッと窓の外の緑を眺めるのも良さそうですね。

 

入口横には、ドリンクバーがあります。

「百番館」は、冷蔵庫の中もコンプリメンタリーでしたが、「翠園」は有料とのこと。

 

洗面台はシングルで、

 

引き出しの奉書巻きの中に、

 

アメニティ類が入っています。

 

ソープ類は、今のご時世に則って、エコタイプです。

 

お部屋のお風呂は、

 

源泉掛け流しの温泉です。

ただ、夕方から停電してしまいましたので、源泉掛け流しがストップし、朝風呂は入れませんでした。

 

「百番館」をはじめ、離れの一部は、2名からの予約しか受け付けてもらえませんが、6室ある洋室はすべて、おひとり様でも宿泊することができるようです。

 

今回は、夕方から停電してしまい、被災地の避難所のような滞在になってしまいましたが、

 

老舗旅館ならではのしっとりした趣があり、

この雰囲気であれば、おひとり様での再訪もあるかな・・と思えるお部屋でした。

 

明日は、「百番館」のお部屋の様子をお伝えします。

 

 

【大分】由布院温泉の老舗旅館「亀の井別荘」

台風14号の中、由布院に行って来ました。

 

ところで、「由布院」と「湯布院」の違いってお分かりですか?

JR由布院駅から由布岳に向かって伸びる道。

その周辺にある、昔から「ゆふいん」と親しまれてきた温泉街が「由布院」です。

 

で、そこから車で20分ほどのところには湯平温泉がありますが、そういった周辺を含めたのが「湯布院」です。

市町村合併によってできた広域な場所が「湯布院町」で、由布院温泉も湯平温泉も、どちらも住所は「由布市湯布院町」・・と、ややこしいですね。

 

今回オババが宿泊したのは、「亀の井別荘」です。

(写真はすべて台風が通過した後に撮りました)

 

金鱗湖沿いにある

 

老舗のお宿です。

 

1万坪の敷地に、離れ14室と洋室6室の計20室があります。

相方さん(=元夫)の誕生日に合わせて、ずいぶん前から人気の百番館を予約していましたが、

台風で移動ができなくなることを危惧して、急遽前日にお宿に連絡をし、たまたまキャンセルで空いていた「翠園」のお部屋での前泊を追加しました。

 

大雨の中、車で到着すると、すぐさま傘を持って出迎えてくださり、柔らかい今治タオルを持って来てくださいました。

 

こちらがロビー。

ゆったりと置かれた上質なロビーチェアに腰を下ろし、

 

和菓子とお茶をいただき、ひと息つきます。

 

翌日もおやつの時間に、お部屋まで、手作りの栗きんとんを持って来てくださいました。

 

お部屋の様子は別途ご紹介するとして、

 

こちらが大浴場。

時間によって、男湯と女湯が入れ替わるようです。

 

大浴場が好きな相方さんにお付き合いして、到着後、すぐに行ってみました。

 

こちらが内風呂ですが、

 

分かりますでしょうか?

大雨の影響で、周囲は水浸し〜。

 

屋根付きの露天風呂もこのとおり。

 

屋根なしの露天風呂は、言うに及ばずです。

 

何と言ってもザァザァ雨ですからね。

大浴場は、このあとすぐに、使用中止になりました。

 

談話室も覗いてみました。

 

ライブラリーのスペースもあり、

 

自由に飲み物をいただきながら、ゆったり過ごせます・・・が、

この後こちらもクローズドとなりました。

 

ずいぶん前から予約し、楽しみにしていた宿泊ですが、よりによって台風通過と重なり、この後停電も発生したりで、別の意味で、一生忘れられない滞在になりました。

 

明日は、前泊した「翠園」のお部屋の様子をお伝えします。

ことごとく「運」に見放された旅

週末ごとに、台風に見舞われている日本列島ですが、先週の台風14号の中、大分の由布院に行って来ました。

 

コロナ感染拡大や台風接近で、2度続けて旅行の計画を取りやめ、2ヶ月間も自宅に篭もり続けたオババです。

 

今回の旅行だけは、何が何でも絶対に行く!と決めていました。

というのも、温泉好きなお友達(=元夫)の誕生日に合わせて、なかなか予約が取れないお部屋をずいぶん前から予約していたものですから。

 

台風が発生して以来、1日に何度も台風情報をチェックし、「これだったら、通過した後で大丈夫そうね」なんて話していたのですが、

だんだん台風の進む速度が遅くなり、「エ〜、移動できなくなるのじゃない?」という状況に。

 

宿泊予定の前の日の朝、「今日のうちに移動しておいた方が良くない?」ということになり、お宿に連絡したところ、キャンセルが出て、空いているお部屋があるとのこと。

・・・というわけで、バタバタ用意して、1泊2日を2泊3日に変更して出発しました。

 

九州の方はご存じのと思いますが、台風14号は、通過した福岡はさほど被害がなく、東側の宮崎と大分の被害が酷かったのですよね。

 

高速をおりた頃から雨が激しくなり、お宿についてホッとしたのも束の間、

 

大浴場に向かうと、温泉は水浸し。

露天風呂は論外。

かろうじて内風呂にはまだ水が入っていませんでしたが、出入りするには、ジャブジャブと、浸水した中を歩いていかなくてはいけません。

(それでも温泉好きな相方さんは、内風呂に浸かったそうです)

 

そこからが大変!

 

レストランでの夕食の途中で突然停電です。

テーブルごとに配られた防災ランタンの薄暗い中で、食事をとるハメになりました。

ご飯も十分炊けなかったようで、お蕎麦が出されました。

 

ランタンを持って部屋に戻ったものの、

テレビや湯沸かしなどの電化製品はもちろん使えませんし、Wi-Fiも使えません。

換気も悪く、クーラーも効かず、ほとんど真っ暗な中、

何もできることがなく、ボ〜ッと無意味な時間を過ごしました。

 

部屋の温泉も、源泉掛け流しがストップして入れません。

何よりもウォシュレット付きのトイレはフラッシュができず、使うたびに、自分で水を汲んで流すありさま。

 

停電は、翌日の昼まで続き、2日目の夕食は、同系列のレストランでとってほしいとのこと。

てっきり部屋食からレストランに変更になるだけで、会席料理が出てくるものと思って了承しましたが、行ってみると、メニューを含めての変更でした。

 

そのレストランというのが、オババが苦手なお肉料理のお店だったのですぅ。

しかも、お肉以外は、居酒屋さんのメニューのような・・・・。

鰻の蒲焼きがあったので注文すると、オババが初めて経験するゴムのような鰻でしたぁ。

お肉のお店ですから仕方がありませんね。

 

お宿にお支払いした金額30万円。

無理に1泊追加などせずに、キャンセルして自宅で過ごした方が、よっぽど快適な時間を過ごせたという結果になりました。

 

ということを前提に、明日からの旅行記を見ていただければと思います。

 

 

旅の目的は人それぞれ

ひとり旅の時は、本を持って出かけます。

 

仕事をしていた頃は、新書やハウツゥもの、経営論や人生論みたいな本を中心に読んでいました。

 

ここ最近は、サラッと読めて、ハッピーな気持ちになれるものしか読まなくなりました。

内館牧子原田マハ群ようこ垣谷美雨、町田その子、原田ひ香・・・・

こうして見ると、女性作家ばかりですね。

 

吉田友和の『福岡発半日旅』や、宮田珠己の『日本全国津々うりゃうりゃ』といった旅絡みの本を持って行ったりもしますし、そうそう、東野圭吾は結構読みます。

 

この前読んだのはこちら。

原田マハの『やっぱり食べに行こう』です。

 

毎日新聞の「日曜くらぶ」に掲載されていたエッセイで、取材旅行を中心に、国内外、出かけた先々での食絡みのことが書かれています。

 

オババは、お宿を目的に旅行を計画することが多く、それに無理やり神社やお城をつけていますが、旅のテーマは人それぞれです。

世界遺産を求めて、鳥を求めて、山を求めて、美術館を求めて・・・・。

 

毎日、いろいろな方の旅行ブログを見ていますが、ついつい見てしまうからか、オババのようにお宿が目的という方が非常に多いように思います。

 

それから、グルメを求めてという方もとても多いですね。

 

中には、パン限定であったり、パフェ限定や、アフターヌーンティー限定だったり・・・

はたまたラーメン、カレー、ランチ定食・・・・

 

オババは、美味しいものは大好きですが、振り返ってみると、グルメを求めて旅をしたことはないような気がします。

 

そもそも人混み嫌い、並ぶの嫌い・・ですから、“噂の◯◯”を求めてだの、“人気の◯◯”を食べにだなんて、絶対にあり得ません。

ラーメン横丁みたいな所で、行列が出来ている人気店があっても、迷わずに空いているお店を選びます。

それでも結構満足して出て来ますので、オババは本当のグルメではないのでしょうね。

 

自宅にいても、特別なことがない限り、普段は外食することもありませんし、外食するとすれば、ホテルのレストランに行くことが多いです。

 

旅行中は、会食がない限り、ほとんど、旅館で出されるものか、ホテルのレストランやルームサービスを利用します。

そもそも、チェックインした後、食事のために、わざわざ出かけるという発想がありません。

 

やっぱりオババの旅の目的は、お宿のようです。

ちょっと場違いに感じるホテル

少し前に、最近は、シティホテルとビジネスホテルの境界が曖昧になり、新しいタイプのホテルが増えてきたことを書きました。

 

ウェディングが人気で、若いカップルをターゲットにしたであろうホテルも、最近は増えて来ましたね。

 

これまでに取り上げたホテルの中にも、例えば、隈研吾さんデザインの「ガーデンテラス長崎」は、

 

貸衣装業からスタートし、冠婚葬祭を手掛けるメモリードグループが経営するホテルで、長崎の他にも、福岡、佐賀、宮崎・・・と次々に似たようなホテルをオープンさせています。

 

今年のお正月は、訳あって、急遽「ガーデンテラス福岡」で迎えましたが、

ここは元々ガーデンウェディングの施設があった敷地に、ホテルが建てられました。

(写真はウェデイングの施設側です)

 

海の風景が好きなオババが時々利用する「マリノアリゾート福岡」や

 

「オテルグレージュ」も

 

若いカップルが喜びそうなファンシーテイストでまとめられ、オババがおひとりさまで利用するのに、少々の小っ恥ずかしさが伴います。

 

福岡の博多駅近くには、口コミ評価の高い「WITH THE STYLE福岡」があります。

 

お稽古事のパーティー等で何度か利用し、興味を持って宿泊してみましたが、

インテリアやアメニティ類を見ると、やはりウェディングや若いカップル向きのホテルだなぁと感じます。

 

おしゃれではあるのですが、とにかく暗い!

 

年齢が目に出始めているオババには、読書ができないくらい暗いですし、

 

足元に段差があったりして、

オババ世代には、夜中に起きてうろうろできないな・・・と感じてしまいます。

 

こちらのホテルは、今や全国ならず、世界に経営を広げているPlan・Do・Seeの経営で、

同じ経営のホテルに、神戸元町の「ORIENTAL HOTEL」があります。

 

こちらも、「WITH THE STYLE」ほどではありませんが、やはり薄暗いですよね。

 

特にレストランは、ペンライトがないと、メニューも見えません。

カップルで夜景を楽しむには素敵ですが、オババがおひとりさまで食事をするには、ちょっと寂しさを伴いましたワ。

 

神戸といえば、「ラ・スイート神戸ハーバーランド」も、若いカップルがターゲットのホテルだと感じます。

 

神戸の港の夜景を見たくて、何度か利用していますが、

毎回、オババにはちょっと場違いだなぁ・・と感じます。

 

こういったホテルに共通するのは、バスルームの素晴らしさ。

 

なぜか大抵シャグジー付きです。

 

若いカップルをターゲットにしている・・・というのは、あくまでもオババの印象ですが、

小規模で、ウェディングが人気で、天蓋付きのベッドやシャンデリアなど、(ちょっとチープさを感じる時もあるけれど)ファンシーファンシーしているホテル。

ここ最近増えてきたなぁと感じます。

 

若いスタッフさんが多く(美男美女が多い)、昔ながらの伝統を重んじるサービスとは異なり、皆さん自由にのびのびと、フレンドリーなサービスをなさるのも共通するところだと感じています。