オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

もう一度泊まりたいお宿:兵庫県「有馬山叢 御所別墅」①

気に入ったお宿には、何度も訪れるタイプのオババですが、もう一度泊まりたいのだけれども、もう訪れる機会はないかなぁと思うお宿を取り上げています。 今回は、有馬温泉の「有馬山叢 御所別墅」。 なんだか難しい字ですよね。「ありまさんそう ごしょべっ…

【北海道】「フラノ寶亭留」:デラックスツイン

北海道や沖縄は、ゴルフ旅行で幾度となく訪れた場所。 でも、飛行機に乗ることをやめたオババが、今後北海道や沖縄に行く機会があるのかしら・・・と思いながら、 今日は、夏に(・・・と言っても今年はシーズンが終わりましたが)オススメのホテルのご紹介…

コロナ期ならではの旅じたく

もともと“人が動くときは動かない”を信条にしていますし、コロナに対しては、かなり神経質なオババです。 (少なくとも)今月いっぱいは自宅に籠る予定ですが、次の宿泊まで何を書こうかしら・・・・ なぁんて思っていると、ふと思い出したのが、こちらの本…

日本100名城「福岡城」

そういえば、一番身近なお城のことを書いていなかったわ・・・ということで、今日は「福岡城」についてです。 (写真はHPから) 福岡市民にとって福岡城は、「大濠公園」や「舞鶴公園」といった憩いの場としての要素が強く、あまりお城という認識がないので…

【佐賀】奥武雄温泉「風の森」:天

福岡から気軽に車で行けることもあって、佐賀のお宿には、かなり精通している(つもりの)オババですが、今日のお宿も、“知る人ぞ知る”といった感じの隠れ家的なお宿です。 奥武雄温泉の「風の森」です。 奥武雄と言っても、武雄温泉よりも嬉野温泉に近く、…

【佐賀】(ついでのついでに)「御宿 竹林亭」の「山桜」のお部屋

「御宿 竹林亭」の「貴賓室(秀峰)」の記事を書いたついでに、もう一つお部屋を紹介したいと思います。 佐賀藩の武雄領主の別邸庭園だったという15万坪の「御船山楽園」にあるお宿です。 建坪だけでも450坪あるそうで、贅沢に建てられた書院造りの11…

【佐賀】「御宿 竹林亭」の夕食

昨日、父の卒寿で利用した「御宿 竹林亭」の秀峰のお部屋についてアップしましたので、その時いただいた夕食について、今日は書こうと思います。 はい、いつもの“つなぎ記事”です。 お盆期間中はもちろん、夏休み期間中の人の動きが盛んな時期は、じっと自宅…

【佐賀】ついでに「御宿 竹林亭」の「貴賓室(秀峰)」のお部屋

母の米寿の記事を書いたついでに、父の卒寿の記事も書いておきます。 (“人が動く時は動かない”を信条にしているオババですので、次回の宿泊まで、何を書こうかと苦慮しています・・・笑) この時は、コロナの感染が比較的落ち着いていた時期でしたが、やは…

【福岡】ふかほり邸の朝食とまとめ

「なぎ」のお部屋では、朝食もお部屋の談話室でいただけます。 手作りにこだわったお料理が並んでいます。 敷地内に鶏小屋があり、卵は産みたてとのこと。 お海苔は炭火で炙っていただきます。 お宿の運営母体である「ベストアメニティー」は、自然食品の会…

【福岡】ふかほり邸の夕食

ふかほり邸の5部屋のうち、「なぎ」を除く4部屋は、お食事処での食事提供になります。 こちらの建物がお食事処で、 フロントのある母家から繋がっていて、 前回いただいた時は、個室でした。 で、今回の「なぎ」のお部屋では、談話室に運んでくださって、…

【福岡】(ついでに)ふかほり邸の「かりん」のお部屋

今回宿泊したのは「なぎ」のお部屋ですが、 5室ある離れは、それぞれ趣が異なりますので、前回利用した時の「かりん」のお部屋もご紹介しておきます。 この頃は、オババもまだ仕事をしていましたので、土曜日にしか出かけられずに、たまたま空いていたのが…

【福岡】ふかほり邸の「なぎ」のお部屋

コロナの感染が拡大する中、母の米寿のお祝いに訪れた「ふかほり邸」。 4千坪の敷地に、離れ形式でわずか5部屋(現在7部屋に増築中)しかありませんし、すべてのお部屋に温泉がついています。 しかも、今回宿泊した「なぎ」のお部屋は、部屋食が可能な「…

【福岡】知る人ぞ知る久留米の温泉宿「天然田園温泉 ふかほり邸」

福岡県久留米市にある隠れ家のようなお宿、「ふかほり邸」に行ってきました。 本来なら、コロナの“波”は、ひたすら自宅に篭ってやり過ごすのですが、今回ばかりはそうも言っていられません。 というのも、母の米寿の誕生日なのです。 しかもこの母、最近記憶…

【長野】「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」の朝食と宿泊の感想

「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」の朝食は、5階にあるレストラン「La Lumiere Claire」で提供されます。 イタリアンレストランで、夜は一般客も受け入れていますが、ランチは宿泊者限定とのこと。 また、14時から17時までは、宿泊者のカフェラウンジとして…

【長野】「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」の夕食

「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」での夕食は、1階にあるフレンチレストラン「Le Grand Lys」で、Lα Foretというコースをいただきました。 10歳未満お断りのレストランとのこと。 ひらまつ系のお食事をいただくのは本当に久しぶりです。 出かける直前に、…

【長野】「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」の館内

浅間山の裾野に、6万m2という広大な敷地を持つホテル。 まずは本館から。 傾斜地に建つため、エントランスは、建物の2階になります。 中に入ると、趣のあるロビーラウンジに出迎えられます。 奥のテラスでは、ヨガが行われていました。 ホテルのアクティビ…

【長野】「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」のお部屋:ジュニアスイート(スカイビュー)

都会のホテルは別にして、どちらかというと老舗系や地元系が好きなオババですので、外資や大手企業による、手付かずの自然を切り拓いてのドド〜ン系は、できるだけ避ける傾向にありました。 今回は、初めてのひらまつホテルズでしたが、まぁ、すべてが素晴ら…

【長野】「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」に宿泊

長野旅行の3泊目は、「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」に宿泊しました。 かつてはメンバーズカードまで作って、旅行の先々でひらまつ系のレストランを利用していたオババですが、 ここ最近の進出の凄まじさにおののいて、しばらく遠ざかっていました。 20…

「ろくもん4号」で長野から軽井沢に移動

先日「ななつ星in九州」と「四季島」の記事をアップしたばかりで、今度は「ろくもん」となると、“乗り鉄”かと勘違いされそうですが、イエイエ、(今のところ)まったく鉄分はありません。 とは言っても、 旅行といえば観光に夢中だった若い頃は、ホテルが単…

【長野】明神館の朝食と《まとめ》

「明神館」の朝食は、4階のナチュレフレンチ「菜」で、洋食も提供されていましたが、 前日と同じ「TOBIRA」で、和食をいただきました。 品数も多く、 特に美味しかったのが大きな大きなだし巻きです。 長野のお野菜は、本当に美味しいです。 信州のお味噌を…

【長野】明神館「TOBIRA」の夕食

「扉温泉 明神館」には、フレンチと和食のレストランがありますが、 2階にある信州ダイニング「TOBIRA」で、和食の夕食をいただきました。 高い天井から白樺をイメージした照明がたくさんぶら下がっていて、森の中のような雰囲気です。 前菜 アラ、お昼にい…

【長野】「扉温泉 明神館」:半露天風呂「然」のお部屋

全43室の「明神館」の中で、 (マップはHPより) 今回は「然」というカテゴリーのお部屋に宿泊しました。 アサインされたのは、412号室の「善知鳥の間」。 善知鳥・・・北日本に分布するウトウという海鳥だそうで、九州人のオババは初めて知りました。 …

【長野】山の中の老舗旅館「扉温泉 明神館」

松本での2泊目は、入山辺にある「扉温泉 明神館」に宿泊しました。 八ヶ岳中信高原国定公園の中にあり、山を上った標高1050mの場所にあります。 ルレ・エ・シャトーに加盟する全43室のお宿です。 1931年に開業した老舗旅館で、開業当初から地産地消…

松本市「ヒカリヤ ヒガシ」でいただく和食ランチ

松本城を訪れたあと、「ヒカリヤ ヒガシ」で日本料理のランチをいただきました。 「ヒカリヤ ヒガシ」は、松本の老舗旅館を中心に運営する扉グループの経営で、明治20年に建てられた商家「光屋」の古民家をリノベーションしたレストランです。 「光屋」の…

日本100名城「松本城」

夏休みに入って人の動きが出る前にと、三連休直前に長野を旅行して、松本城を訪れました。 現存十二天守の一つであり、姫路城と共に2基しか現存していない五重天守ですが、白く輝く華やかな姫路城とは対照的に、黒漆塗りの厳かな様相を呈しています。 これ…

【長野】松本十帖(松本本箱)の朝食と《まとめ》

朝食も、食に関する本に囲まれたレストラン「三六五+二」でいただきました。 まずは、無添加ジュース、自家製グラノーラ、八ヶ岳高原ヨーグルトとコンフィチュールでスタート。 地元にこだわり、天然素材にこだわった朝食です。 松本平産のお野菜たちのプレ…

【長野】松本十帖(松本本箱)「三六五+二」の夕食

「松本本箱」の1階にあるレストラン「三六五+二」で夕食をいただきました。 お料理の本に囲まれたレストランで、 薪火を使ったグリルダイニングです。 夕食用の服も準備していたのですが、スタッフさんから、においがつくので浴衣でお越しくださいと案内し…

【長野】松本十帖(松本本箱)のお部屋:パノラマスイート

老舗旅館を買い取り、ファミリー向けの「小柳」とブックホテル「松本本箱」に再生した「松本十帖」。 オババたちが宿泊した「松本本箱」は、2階〜5階に、8タイプ24室の客室があります。 眺望重視のオババは、4階奥にある「パノラマスイート」という95…

【長野】「松本十帖(松本本箱)」にチェックインしてお散歩ツアーに参加

「松本十帖」は、お宿を再生するだけではなく、浅間温泉のエリアリノベーションを目指しているそうで、 敷地の外にも、二つのカフェを経営しています。 歴史ある温泉街に活気を取り戻したいのだそう。 確かに、昭和の雰囲気が漂う温泉街で、 廃業している建…

【長野】ユニークなお宿「松本十帖(松本本箱)」

松本での一泊目は、「松本十帖」に宿泊しました。 松本駅からタクシーで15分ほどの「浅間温泉」にあるお宿です。 「松本十帖」は、1686年創業の老舗旅館「小柳」を「里山十帖」や「箱根本箱」などを運営する「自遊人」が買い取り、再生を手掛けたお宿…