オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

もう一度泊まりたいお宿:岐阜県「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」

過去の旅行記で恐縮ですが、今日は「下呂温泉 今宵天空に遊ぶしょうげつ」です。

仕事絡みで名古屋に行った帰りに、温泉好きの相方さんが、サプライズで予約してくれていました。

 

“もう一度泊まりたいお宿”のカテゴリーで書いていますが、オババの“もう一度”の気持ちよりも、相方さんの“もう一度”の方が強いお宿です。

なにぶんにも、オババがしてあげたことはスルーするくせに、自分がオババにしたことは、いつまでも言いたがる性格の相方さんです(笑

先日も、(オババが予約した亀の井別荘に来ておきながら)「もう一度、下呂温泉に行きたいね」なんて言っていましたワ。

 

まぁ、それはさておき、

相方さんが選んだこの長〜い名称のお宿は、

下呂観光ホテルグループの旅館で、見晴らしの良い高台に建つ全21室のお宿です。

 

到着すると

 

まず案内されたのは、ロビーに設けられた縁側のような座席。

 

枯山水のお庭越しに、下呂の温泉街が一望できます。

 

ほっこり感に浸りながら、お宿オリジナルの和菓子とお茶をいただきました。

 

こちらのお宿は、小学生以下お断り、団体お断りで、大人の寛ぐ環境が大切にされています。

 

下呂温泉は、飛騨川の河原に湧き出した温泉で、1000年もの歴史があるそうです。

江戸時代には、林羅山が、有馬温泉草津温泉と並ぶ「天下の三名泉」と紹介したそうで、街中には、林羅山の像がありましたよ。

 

で、その三名泉と言われる下呂温泉のお湯が楽しめるのが、3階にある大浴場の「竹取物語」。

 

こちらが内湯で、

 

こちらが露天風呂です。

 

一部の客室には露天風呂が付いているそうで、館内には、貸切風呂もあるようです。

 

2階にはラウンジがあり、飲み物をいただきながら、まったりと寛ぎの時間を過ごすことができます。

 

「月を愛でるための湯宿」と謳っているお宿です。

静かな大人の時間が流れていました。