オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【大分】亀の井別荘の「翠園」のお部屋

なかなか予約が取れにくい「百番館」のお部屋を予約し、宿泊を楽しみにしていたのに、よりによって台風と鉢合わせをしてしまいました。

イヤイヤ、今回ばかりは、何が何でも宿泊するぞ!と、予定を早めて、前の日から移動することにしました。

お宿に連絡すると、キャンセルで洋室のお部屋が空いているとのこと。

 

まずは、前泊した洋室のお部屋についてお伝えします。

 

離れ14室と洋室6室の全20室からなる「亀の井別荘」ですが、

6部屋ある洋室は、すべてフロント棟に位置しています。

 

当日の朝に予約して、急遽前泊できるようになったお部屋は、フロントから階段を上がった2階にある

 

「翠園」というお部屋です。

 

部屋のドアを開けると、

 

リビングスペースがあらわれます。

 

数年前にリニューアルされたとのことで、しっとりとした老舗旅館の雰囲気を保ちながらも、現代様式に合わせた機能的なお部屋になっています。

 

趣のある木の隙間戸で仕切られて、ベッドスペースが設けられています。

 

壁側には、

 

上質な机があり、こちらの引き出しに、

 

浴衣が入っていました。

女性には、2種類の柄が用意されていました。

 

机の横にはクローゼットがあり、

 

金庫などが入っています。

 

窓側の一面には造り付けの机があり、

 

こちらに腰掛けて、ボ〜ッと窓の外の緑を眺めるのも良さそうですね。

 

入口横には、ドリンクバーがあります。

「百番館」は、冷蔵庫の中もコンプリメンタリーでしたが、「翠園」は有料とのこと。

 

洗面台はシングルで、

 

引き出しの奉書巻きの中に、

 

アメニティ類が入っています。

 

ソープ類は、今のご時世に則って、エコタイプです。

 

お部屋のお風呂は、

 

源泉掛け流しの温泉です。

ただ、夕方から停電してしまいましたので、源泉掛け流しがストップし、朝風呂は入れませんでした。

 

「百番館」をはじめ、離れの一部は、2名からの予約しか受け付けてもらえませんが、6室ある洋室はすべて、おひとり様でも宿泊することができるようです。

 

今回は、夕方から停電してしまい、被災地の避難所のような滞在になってしまいましたが、

 

老舗旅館ならではのしっとりした趣があり、

この雰囲気であれば、おひとり様での再訪もあるかな・・と思えるお部屋でした。

 

明日は、「百番館」のお部屋の様子をお伝えします。