オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【大分】亀の井別荘の「百番館」のお部屋

台風が通過すると、予報よりもかなり早い時間に雨風がおさまり、

朝からスタッフさんが総出で“お片付け”です。

 

前日は、「百番館」に通じる通路も水浸しで寸断されていましたが、

そこはさすがに老舗です。

部屋を移動する頃には、何事もなかったかのような落ち着きを取り戻していました。

 

「百番館」の入口にある格子戸をくぐり、

 

玄関へと向かいます。

 

3年前にリニューアルされた離れで、広さは120m2。

 

玄関上がってすぐの左側に、6畳の和室があります。

 

楚々とした秋明菊が、お部屋の雰囲気にぴったり。

 

ふと見上げると、明かりとりの窓が。

 

掘りごたつだったら、こちらのお部屋で、低い視点からのお庭を楽しんだりもあったかもしれません。

残念ながら、使うことのないお部屋になりました。

 

廊下に出た右側には、

 

化粧台が備えられたクローゼットがあり、

 

その向かいに、メインのリビングダイニングがあります。

 

本来ならこちらのテーブルで、夕食・朝食ともにいただくはずでしたが、

昼まで続いた停電で、厨房で夕食が準備ができないとのことで、朝食のみこちらでいただきました。

 

相方さんがソフアを、オババはパーソナルチェアを独占。

 

スタンドの傘もとってもオシャレです。

 

扉も木材を編み込んだようなデザインで、

そういえば、観光列車「四季島」の扉もこんな感じだったワなどと思い出しました。

 

リビングダイニングの奥に、

 

ベッドルームがあります。

 

ヘッド側がデスクになっていて、

 

その背後に

 

ドリンクカウンターや

 

クローゼットのスペース。

 

窓側には、枕元のスイッチで、

 

ビ〜ンと、テレビがせり上がってきます。

 

空気清浄機にもこだわりが感じられます。

 

リビングダイニングには階段があり、

 

トントントンっと上がって行くと、

 

屋根裏部屋になっていて、ここにもベッドが2台置かれています。

なんと、2ベッドルームだったのです。

ファミリーには嬉しいですね。

 

リビングの外にはテラスがあって、

 

ウフフ・・・オババの大好きなスペースです。

 

離れの先には、

 

離れの離れのような形で、温泉があります。

 

シングルの洗面台の先に、

 

広〜い温泉風呂。

源泉掛け流しです。

 

内風呂と露天風呂がつながっていて、

こちらが露天風呂側から撮った写真。

 

老舗旅館であっても、いや、老舗旅館だからこそ、時代のニーズに合わせながら変化して、居心地の良さを提供し続けているのだなぁ・・・と感じる「百番館」でした。