オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【大分】「お宿 こがね山荘」:離れ 和室

宇佐神宮に参拝に行き、ちょっとカジュアルなお宿に宿泊しました。

 

大分県中津市にある金色(かないろ)温泉の「お宿 こがね山荘」です。

 

全12室のこじんまりサイズの温泉宿で、お料理が美味しいとのこと。

 

実はこのお宿、洋室や和洋室もあるのですが、ベッドのあるお部屋には、温泉がついていません。

 

4室ある離れには、お部屋に温泉はあるけれども、ベッドがなくてお布団になります。

 

温泉かベッド・・どちらにしようかと迷いましたが、温泉をとりましたぁ。

 

お宿には、夕方到着しました。

f:id:obabajournal:20220412131827j:plain

 

フロント棟に入ると、

f:id:obabajournal:20220412132111j:plain

 

囲炉裏があって、早速ほっこり。

f:id:obabajournal:20220412132242j:plain

 

敷地内には、フロント棟のほかに、宿泊棟、離れ、日帰り温泉施設、宿泊者専用温泉施設、家族風呂・・・などが点在しています。

 

9種類の露天温泉がある「金色温泉館」は、日帰りもできるそうで、地元の方々に人気だそうです。

 

「山荘離れ」のお部屋に案内していただきました。

f:id:obabajournal:20220412132636j:plain

 

扉を開けると、あら、お部屋にも囲炉裏があります。

f:id:obabajournal:20220412132825j:plain

と言っても、この時期は火が入っていませんので、“通路”の部屋となってしまいました。

 

8畳の和室で、すでにお布団が敷かれていましたので、お部屋の写真はこれだけです。

f:id:obabajournal:20220412133117j:plain

 

お庭を眺める広縁があって、和室が苦手なオババは、ほぼこの2畳ほどのスペースだけで過ごしました。(離れに泊まった意味がありませんね・・笑)

f:id:obabajournal:20220412133423j:plain

 

それでも、暗くなって外に出なくてすんだので、ベッドよりも温泉を選んで良かったです。

f:id:obabajournal:20220416104348j:plain



お食事は、こちらの「香露庵」でいただきます。

f:id:obabajournal:20220412134236j:plain

 

あらかじめ、前菜のお盆や鱧しゃぶの準備がセットされていました。

f:id:obabajournal:20220412134442j:plain

中津は、鱧の産地でもあります。

 

お刺身

f:id:obabajournal:20220412134627j:plain

 

茶碗蒸し

f:id:obabajournal:20220412134807j:plain

 

鱧とお野菜の天ぷら

f:id:obabajournal:20220412134720j:plain

 

洋風のお魚料理。

f:id:obabajournal:20220412134939j:plain

 

お肉は宮崎牛とのことでした。小さな陶板で自分で焼くスタイルです。

f:id:obabajournal:20220412135107j:plain

 

ご飯は、お寿司が出されました。

f:id:obabajournal:20220412135233j:plain

 

そしてデザート。

f:id:obabajournal:20220412135329j:plain

 

中津の鱧を中心に、お肉も美味しかったですし、かなりボリュームのあるお食事でした。

 

翌朝も同じ「香露庵」でいただきます。

f:id:obabajournal:20220412135800j:plain



いわゆる“お宿の朝食”と言われるものがすべて揃っているような

f:id:obabajournal:20220412135722j:plain

 

ボリュームたっぷりの朝食でした。

f:id:obabajournal:20220412135914j:plain

 

以上、大分県中津市の八面山の麓にある小さなお宿「こがね山荘」の簡単なご紹介でした。

 

f:id:obabajournal:20220412140023j:plain