オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【京都】広〜いテラスがセカンドルーム「離宮テラススイート ダブル」のお部屋

昨年12月に「京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリー(現:ギャリア・二条城 京都)」の「離宮テラススイート ダブル」のお部屋に2泊した時の情報です。

 

前回の続きで、今回はお部屋のこと。

 

f:id:obabajournal:20220315135903j:plain

 

4階建の全25室のスモールサイズのホテルですが、すべてのお部屋が二条城の南側に面した配置になっていて、全室40m2以上の広さがあります。

うち5室がテラス付きのお部屋です。

 

離宮テラススイート」は、4階の一番奥、406号室です。

f:id:obabajournal:20220315141833j:plain

 

広さは56m2と、他のお部屋とさほど変わりませんが、他のお部屋が縦長なのに対して、「離宮スイート」は横長のお部屋になっています。

 

そう。それが、このお部屋の特徴なのです。

 

リビングスペースと

f:id:obabajournal:20220315142724j:plain

 

ベッドスペースと

f:id:obabajournal:20220315142809j:plain

 

バスルームとが

f:id:obabajournal:20220315145923j:plain

 

横につながる形で配置されていますので、どのお部屋にも窓があって明るく、どこにいても、外の景色が楽しめます。

f:id:obabajournal:20220315150139j:plain

 

しかも、お部屋に沿って、広〜いテラスが設けられています。

f:id:obabajournal:20220315150335j:plain

 

オババが宿泊した時は、季節的に、ちょっと肌寒さがありましたが、それでも日中は、テラスのソフアとテーブルで、まったり過ごすことができました。

 

f:id:obabajournal:20220315161430j:plain

 

二条城の南側に面していますので、東側に面している「HOTEL THE MITSUI KYOTO」と比べると、景色的にはちょっと寂しくはありますが、それでも南門や、

 

f:id:obabajournal:20220315162034j:plain

 

少し覗き込めば、東南隅櫓も見えます。

f:id:obabajournal:20220315162709j:plain

 

テラスがあると、ホテルステイの快適度がグググ〜ッと上がりますよね。

 

室内に戻りますと、

 

インテリア類は、フランス系のホテルを感じさせるモダンな印象でした。

何よりも、座面が広いソフアが快適で、クッションも、斉藤上太郎さんとおっしゃる作家さんのこだわりあるものでした。

f:id:obabajournal:20220315163329j:plain

 

アクセントカラーに赤が用いられていて、宿泊前に写真で見た時は、落ち着けるかしらと心配していましたが、実際に見ると、

f:id:obabajournal:20220315164157j:plain

 

朱に近い深みのある色で、鏡面仕上げになっていますので、漆のようなイメージです。

f:id:obabajournal:20220315164429j:plain

 

各部屋が横につながっていますので、動線的に違和感を感じる面はありましたが、それ以外は、バスルームを含め、すべて快適に、2泊3日を過ごすことができました。

 

f:id:obabajournal:20220315164815j:plain

 

そうそう、タオル類は、今治タオルとのことでしたが、そんじょそこらの今治タオルと違って、今までに経験したことのない心地よい肌触りでした。

 

以上、オババがワクワクしたことを中心に、お部屋のご紹介でした。

 

次回はお食事のことを書きたいと思います。