オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【京都】厳選食材でフレンチと和の融合「Singular 眞蔵」

3ヶ月前に宿泊した「京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリー(現:ギャリア・二条城 京都)」についての3回目、今回はお食事のことを書きたいと思います。

 

夜になると照明が落とされ、大人な雰囲気の「Singular 眞蔵」。

“イノベーティブフレンチ”のレストランです。

f:id:obabajournal:20220316223346j:plain

 

“イノベーティブ”フレンチ・・・最近、よく耳にするようになりましたが、シェフの独創性を取り入れた“革新的な”フランス料理ということでしょうか。

 

ホテルのHPによると、「京都をはじめ全国の最高の生産者から仕入れた本物の食材たちが、大久保晋シェフによって新しい命を与えられ、フランス料理の技術で芸術的な料理へと生まれ変わります・・・」とのことです。

 

おひとりさまで旅行することが多いオババは、基本、食事もホテルでいただくことにしています。

 

予定では、1日目は「Singular 眞蔵」、2日目はルームサービスででもと思っていましたが、

ルームサービスのメニューが、すべてSingularの単品オーダーだったのです。

f:id:obabajournal:20220317205213j:plain

 

だったら、レストランでいただいちゃおうということで、2日続けてイノベーティブフレンチのディナーになりました。

 

1日目はAnexiaという9品のコースを

f:id:obabajournal:20220317204555j:plain

 

2日目はSingularという10品のコースをいただきました。

f:id:obabajournal:20220317204629j:plain

 

2日目のコースのみアップしますね。

まずはアミューズ3種。

f:id:obabajournal:20220317204654j:plain

 

「千代豆腐 山利商店の白みそ 長崎県産とらふぐの白子」

f:id:obabajournal:20220317204728j:plain

 

「鹿児島県吹上浜のツキヒガイ 能登のぶどう茶葉」

f:id:obabajournal:20220317204752j:plain

 

山形県プンタレッラ 鹿児島県鹿屋市の日本キジ 天の橋立オイルサーディン」

f:id:obabajournal:20220317204816j:plain

 

甑島のタカエビ 山西農園のゆりね“月光” 竹内養鶏場の玉艶 日南キャビア

f:id:obabajournal:20220317204841j:plain

 

「千葉県鶴舞モリーユ 栃木県産ヤシオマス 佐渡乳業の農場クリームチーズ

f:id:obabajournal:20220317204909j:plain

 

高知県産日戻り金目鯛 九十九里産活けハマグリ 青森県赤菊芋」

仕上げのパフォーマンス付きでした。

f:id:obabajournal:20220317204933j:plain

 

メインは

「鏡山牧場放牧黒毛和牛 大阪府交野市のはやとうり 京都赤万願寺」

f:id:obabajournal:20220317204957j:plain

 

ここからデザートで、

「しあわせ乳業のミルク 山形県上山市ラ・フランス

f:id:obabajournal:20220317205025j:plain

 

「沖縄カラキ」

f:id:obabajournal:20220317205048j:plain

 

「946バナナ」

f:id:obabajournal:20220317205111j:plain

 

そして「宮崎県薩摩園の紅抹茶」と「知床紫蘇ジュース」

f:id:obabajournal:20220317205134j:plain


・・・と、全国からのこだわりにこだわり抜いた食材が用いられ、アートのように美しくて美味しいお食事でした。

 

シェフは、「インターコンチネンタル大阪」のメインダイニング「ピエール」で、料理長をなさっていた方です。

 

オババも「ピエール」では、何回かお食事をしたことがありますが、ピエールとはまったく趣が異なるイノベーティブなお料理でした。


本当に、目も舌も楽しませていただきましたが、さすがに2日続けて、しかも朝も入れると4回続けてイノベーティブなお料理をいただくとなると、やっぱりTOO MUCH感は否めませんね(笑