オババのトラベルジャーナル

仕事からリタイアしたオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります。

【京都】リブランドして本日開業「ギャリア・二条城 京都」

2020年11月に新規開業した「京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリー」が、本日リブランドして「ギャリア・二条城 京都」としてスタートします。

 

ホテル大好きなオババではありますが、ビジネスとしてのホテルについては、ほとんど知識がありませんので、眉唾半分で読んでくださいね。

 

先月までは、フランスのアコーホテルズ系のホテル「Mギャラリー」でしたが、今月からは、シンガポールに拠点を置くバンヤンツリーグループのホテル「ギャリア」にリブランドし、本日より営業を始めるようです。

 

新規開業からまだ1年あまり。コロナの影響もあるのでしょうね。

 

バンヤンツリーは、2024年に東山にも新しいホテルを開業する予定のようですので、京都で展開されている“高級ホテル合戦”への足場固めもあるとのことです。

 

・・・と、受け売り情報はここまで。

 

オババは、アコーホテルズ系の「ソフィテル ロンドン」を何回か利用したことがあります。

 

とっても素敵なホテルで、京都にそのアコーホテルズ系のオシャレなホテルができたと知って、昨年12月に、「京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリー」に泊まりに行ったのです。

 

今回のリブランドで、どのような変化があるのかは分かりませんが、この機会に便乗して、その時の旅行記を書かせていただきます。

 

すべて3ヶ月前の情報ですので、ご了承ください。

 

今回のリブランドでは、「ウェルビーイング」がコンセプトだそうですが、Mギャラリー当時は、「上質な非日常」を謳っていました。

 

世界文化遺産の二条城の南側に、道を隔てて、全25室が二条城に面するように建てられたホテルです。

 

一見マンション風で、車寄せも、タクシー1台がやっとというスペースですが、

f:id:obabajournal:20220314161134j:plain

 

玄関を入り、

f:id:obabajournal:20220314161355j:plain

 

個人宅にお邪魔するかのようなアプローチを進むと

f:id:obabajournal:20220314161502j:plain

 

突然オシャレな空間が現れます。

f:id:obabajournal:20220314161558j:plain

スタッフさんによると、アプローチからロビーへは、「トンネルを抜ける」イメージだそうです。

 

さほど広くはない空間ですが、全25室のホテルには十分ですし、“隠れ家”的な雰囲気があって、素敵です。

壁には、若手作家さんたちの作品が飾られています。

f:id:obabajournal:20220314161946j:plain

 

この時オババは、25室あるお部屋の中から、「離宮テラススイート ダブル」というお部屋に2泊しました。

 

次のブログで、お部屋の様子を少しご紹介できたらと思います。