オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【東京】東京ステーションホテル:ルームサービスの夕食

東京ステーションホテルの中には、

4階の「アトリウム」や

 

1階の「ロビーラウンジ」をはじめ、

 

10ものレストラン・バーが入っています。

 

和食系だけでも、日本料理/鉄板焼「丸の内一丁目 しち十二候」に、

寿司「すし 青柳」、

鳥料理「焼鳥 瀬尾」、

洋食系は、フレンチの「ブラン ルージュ」に

イタリアンバーの「エノテカノリーオ」、

あと中華の「カントニーズ“燕”ケン タカセ」と

バーが「カメリア」と「オーク」。

 

でも、ここでふと気が付きました。

こんなにたくさん入っているのに、ほとんど行ったことがないなぁ・・・ってね。

 

オババが利用したことがあるのは、「館内見学ツアー」とセットになっていた「アトリウム」と、地下1階にある中華の「カントニーズ“燕”ケン タカセ」のみです。

 

しかも「アトリウム」の時なんて、見学ツアーに参加したのが、オババの他はカップルが1組だけでしたので、

あの広〜いレストランに3人のみ、カップルとは離れたテーブルにオババ一人、シ〜ンとした中でコース料理をいただきましたワ。

 

「東京ステーションホテル」のみならず、「シャングリ・ラ東京」でも、なぜか夕食はルームサービスで済ませることが多いです・・・というか、ほぼ100%ルームサービスで、ホテルのレストランは利用していません。

 

相方さんが一緒の時でも、丸ビルのフレンチか東京駅の居酒屋さんの2択で、やっぱりホテルのレストランを利用したことがありません。

他のホテルでは、大阪でも京都でも、ほとんどホテル内のレストランでいただくのに、なぜか東京(駅)ではホテルのレストランを利用しないのですよねぇ。

 

・・・と前置きが長くなりましたが、今回もルームサービスを利用しました。

 

最近は、QRコードでメニューを読み込むホテルが増えましたが、こちらのホテルは、テレビ画面でメニューを確認します。

選択肢はあまり多くなく、夕食でいただけたのはこの1ページのみでした。

 

で、「〈すし青柳〉の寿司セット」というのをグラスのシャンパンと一緒にお願いしました。

 

にぎり7貫に卵焼き、



あと赤出汁にデザートがついています。

ルームサービスでお寿司がいただけるのは嬉しいです。