オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【東京】「シャングリ・ラ 東京」のお部屋

今回オババがアサインされたお部屋は3619号室。

 

他のお部屋とは造りが異なるとのことでしたが、

 

あら本当。いつもとは異なるお部屋です。

 

本来ゲストルームは、景観や広さに多少の違いはあっても、すべて同じこういう造りです。(前回宿泊時の写真です)

 

今回のお部屋はご覧のとおり、フロアで一つだけ、他とは方向も形も違って、なんだか無理やり作ったようなお部屋です。

 

おひとりさまだと、たまにあるのですよね。一人だからここで良いだろうみたいなね(笑

まぁ、貴重な体験ということで、楽しむことにします。

 

家具の配置は違いますが、他のお部屋とほとんど同じです。

 

ベッドの寝心地も良いですし、

 

デスクも、オババお気に入りのいつものものです。

見た目以上に機能的で使いやすいデスクと椅子です。

 

デスクの上には、かりんとうを置いてくださっています。

 

ノックする音が聞こえて、ウェルカムチョコレートも届けてくださいました。

 

ウフフ・・・なぜかいつも3個で、2人だったらどちらかが遠慮しなくてはいけませんが、おひとりさまなので3個ともいただいちゃいます。

 

革張りの荷物置き場も、場所は違うけれどもいつもと同じ。

 

残念だったのは、オババが大好きな窓際のカウチソフアがなかったこと。

そう、シャングリ・ラといえば、このカウチですよね。(前回の写真です)

ここに上がり込んで、ボ〜ッと街を眺めているのが好きなのですが・・

 

代わりに置かれていたのがこの椅子です。

これでは脚が伸ばせませんし、こんな場所に置かれてもね(涙

 

もう一つ、この部屋でアレッ?と思ったのがベッドの配置です。

部屋のドアを開けると・・・ねっ、

分かりますか?

部屋のドアを開けたら直接顔が見える配置になっています。

やはりこのレベルのホテルだと、こういう造りはNGだと思います。

 

バーカウンターも、

 

洗面台も違いは感じられません。

 

少し前からアメニティが、MOLTON BROWNに変わったと聞いていましたが、ウフッ、やっぱり。

自宅でも同じブランドのシャワージェルを使っています。

 

ギブアウェイのアメニティも、赤のポーチに変わってからは同じです。

 

そして、スタッフさんが強調していらっしゃった“ビューバス”はというと・・・・

いくらオババでも、周囲にビルがありますので、ブラインドを下げて入浴しますが、窓があると明るくて良いですね。

 

入浴剤は、引き出しにもシャングリ・ラバスソルトが入っていましたが、

 

せっかくですのでこちらを使ってみました。

黒松と書いてあるので、どんなものかとビクビクでしたが、香りも良く気持ちよく使えました。

 

さてさて、お部屋からの景色ですが、

ウン、これは十分です。

 

夜景も満足です。