オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【大分】亀の井別荘1泊目の夕食

「亀の井別荘」のお食事は、原則、離れはお部屋食、本館洋室はレストラン「蛍火園」での提供になるようです。

 

「亀の井別荘」での1泊目は、洋室「翠園」に宿泊しましたので、本館1階のレストラン「蛍火園」でいただきました。

3列に並べられたテーブルの中央の列は使わず、両側の窓側に席が設けられていました。

 

最近は、旅館でも、ワインが充実しているお宿が増えましたが、こちらの品揃えは見事!

シャンパーニュは「サロン」もありましたし、

ブルゴーニュの有名どころやカリフォルニアの「オーパス・ワン」、貴腐ワインまでありました。

ただし、お値段もそれなり。

2007年の「サロン」が30万ですからね。

 

オババたちは、ごくごく“おとな〜しめ”をいただきました。

デラモットと、

 

ルイ・ジャドのモレサンドニ

エノテカで買ったら◯円くらいなのに・・・なぁんてケチなことを思いながらね(笑

 

ワインの話はさておき、

まずは先付けの「車海老の春巻き」

今の季節ならではのイチジクの天ぷらもあります。

 

「季節の前菜」

オババ好みの器に、美しく盛られています。

 

・・・と、次のお造りが出されたところで、

 

突然真っ暗!!

台風14号による停電です。

 

急遽、各テーブルに非常用ランタンが配られましたが、

厨房は相当パニックになっていたようで、スタッフさんも右往左往のバタバタ・・・・

 

ここからの写真は、相方さんのスマホでライトアップしてもらって撮りましたが、お食事は、「闇鍋みたいだね」と言いながら、ほとんど何が何だか分からずにいただきました。

 

帆立の真薯のお椀。

 

大分和牛の炭火焼き。

ライトアップして、初めて浅めの焼きだと気づきましたが、とても焼き直しをお願いできる状況ではなく、

体調的にウェルダンしか食べられないオババは、すべて相方さんに食べてもらいました。

 

柔らかくて、とっても美味しかったそうです。

「大分和牛」は、「豊後牛」の中でもグレードの高いものにしかつけられないブランド牛なのだそうです(翌日うかがいました)

 

こんな非常事態にも関わらず、ここでサプライズ料理を出していただきました。

 

相方さんの誕生日ということで、一口赤飯です。

奈良漬かしらと思って口にすると、カラスミでした。

後から伺うと、自家製のカラスミだそうで、こういう状況で出してくださったことにも感激でしたし、とても美味しくいただきました。

 

茄子の白味噌煮。

 

赤むつの若狭焼き。

 

と、ここで本来ならご飯のはずでしたが、お蕎麦が出てきました。

 

その後「お腹はまだ入りますか?」「ご飯は少なめで良いですか?」と尋ねられ、

停電の影響で、ご飯が予定どおりに炊けなかったのだと推測できました(笑

 

少しだけでしたがご飯も出してくださり、

 

デザートまで、(本来の献立以上の)すべてのお料理を出していただきました。

 

停電で、厨房はどれほど大変だったかと思います。

そういう中でも、キチンと最後までお料理を出していただけたことは、さすが老舗旅館ならではです。