オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

ちょっと一泊

相方さんに誘われて、結婚と同時にゴルフを始めました。

一度も真剣にハマることなく、それでも断続的にレッスンには通い、今日に至っています。

 

コロナ前までは、国内外のリゾート地にも(ゴルフよりもホテルステイを楽しみに)頻繁に出かけていましたが、今はポツポツとレッスンに通いつつ、福岡と佐賀で、それぞれ月に1度ずつコースに出かける・・・といった程度です。

 

それでも、自然の中で身体を動かせることが嬉しくて、極力カートに乗らずに、お散歩感覚で楽しんでいます。

 

ただ年齢と共に、体力の消耗もそれなりで、近場であれば日帰りしますが、佐賀まで出かけると、帰りの運転が不安で、1年ほど前からは、途中で1泊して帰るようになりました。

 

海の風景が好きなオババですので、唐津で宿泊することが多く、「唐津シーサイドホテル」が定宿になりつつあります。

 

先日も佐賀に行って来ました。

プレイしたのは、武雄市にある「若木ゴルフ倶楽部」。

かつて女子プロのトーナメントも行われたことがあるきれいなコースで、オババのお気に入りのコースです。

 

そして今回も「唐津シーサイドホテル」に宿泊しました。

こちらは西館のロビーの様子。

 

利用したのは、以前ご紹介した「西館スーペリア洋室」というお部屋で、おそらくこのホテルで、一番下のカテゴリーです。

 

月に一度、こうして海の風景を眺められるだけで幸せです。

 

夕食は、2階にある和食レストランの「松風」でいただきました。

きちんとした和食会席も提供されているのですが、

 

お蕎麦と

 

かき揚げをメインに、

 

これにお刺身などをつけて・・・と、

 

かなりカジュアルな食べ方をさせてもらいました。

 

月に一度、ゴルフの帰りにちょっと休憩・・・そういう感覚で楽しんでいるホテルステイです。