オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

「ろくもん4号」で長野から軽井沢に移動

先日「ななつ星in九州」と「四季島」の記事をアップしたばかりで、今度は「ろくもん」となると、“乗り鉄”かと勘違いされそうですが、イエイエ、(今のところ)まったく鉄分はありません。

 

とは言っても、

旅行といえば観光に夢中だった若い頃は、ホテルが単に寝る場所であったのに、今やホテルや旅館が旅の中心。

お宿選びだけではなく、お部屋選びにまで細かくこだわるようになったオババですので、

年齢と共に、移動にも居心地の良さを求め始めたのも事実。

今回の旅行でも、名古屋→松本では、「しなの」のG車の一番前の座席にこだわりましたし、

 

軽井沢→東京では、グランクラスの最後尾席を選択しました。

 

そのうち、現在のお宿・神社・お城の三本柱に鉄道が加わり、旅の四本柱になるかもしれません(笑

 

まぁ、そんなこんなで乗車した「ろくもん」です。


「ろくもん」は、しなの鉄道が、軽井沢と長野間を1日2往復させている観光列車です。

 

デザインは、「ななつ星in九州」と同じ水戸岡鋭治氏で、3両編成で運行されています。

 

1号車は、ファミリーやグループ向きで、食事の提供はありません。

 

2号車と3号車では食事が提供され、

2号車には、景観を楽しめるカウンター席もあります。

 

3号車は、2人用の半個室になっています。

 

車内には、飲み物などを販売しているカウンターや、

 

お土産ものを販売しているカウンターもあります。

 

フフフ・・・ミッキーマークじゃありませんよ〜。

真田一族の家紋「州浜紋」です。

(わざと逆向きに撮りました)

 

2号車と3号車で提供されるお食事は、長野行きが洋食、軽井沢行きが和食になっています。

 

まずは、信濃の白ワインからスタート。

 

千曲市の「竹葉亭」の二段重のお弁当。

陶器のお重に、綺麗に盛り付けされています。

 

冷たい茶碗蒸しや揚げなすに、

 

温かいご飯とお味噌汁もありましたよ。

 

少し間をおいて、車内でスタッフさんが点てたお薄と小豆寄せが出されました。

 

名所地点では、スタッフさんからの案内がありましたし、

しなの鉄道の社屋の前を通過する時には、社員の方々が手を振ってくださっていました。

 

また、上田駅では18分の停車時間があり、「みすず飴」の販売があったり、

希望者には、ほら貝やパネルを持っての写真撮影がありました。

 

小諸駅では17分の停車時間があり、希望者は駅舎を出て、スタッフさんの案内で、

 

駅前のガーデンの見学をしたりもしました。

 

お食事付き一人¥15,800・・・なかなかリーズナブルなプチトリップです。