オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【京都】「ヌーヴェル・エポック」の夕食

ホテルオークラ京都 岡崎別邸」のレストランは、「ヌーヴェル・エポック」のみとなります。

こちらで、朝食、ランチ、ディナーと、3食が提供されています。

 

 

レストランの名前からも何となく想像できますが、ホテルオークラが受け継いできたフレンチに、京都ならではのテイストが加わった“新しい時代”のフランス料理ということのようです。

 

レストランのインテリアには、京都の伝統工芸を取り入れながらも、全体的には、明るく、モダンな雰囲気です。

 

テーブルマットも西陣織とのこと。

 

今回は、夕食と朝食が付いた宿泊プランを申し込んでいました。

3つあるコースのうち、真ん中のコースが組み込まれているようです。

 

まずはローラン・ペリエをグラスいただきました。

 

コース前に、古代米を使ったチップスとディップが出されました。

このチップスが美味しくて、毎日のおやつにしたいほど。

 

アミューズ

箒目のようなお皿に盛り付けられたお料理は、お味はもちろん、目でも十二分に楽しませてくれました。

 

お料理が美味しいとお酒がすすみます。

グラスのピノノワールは、ニュージーランド産でした。

 

淡路産玉ねぎを使ったスープ。

スープでありながらも、高級お出汁をいただいているようなお味。

とても美味しかったです。

 

平貝と筍のお料理。酒粕が使われているとのこと。

 

お魚料理はアイナメ。毛蟹も添えられています。

 

メインは子羊でしたが、追加料金¥2,000で、牛さんに変えてもらいました。

最後の仕上げのパフォーマンス付きです。

 

コースにフロマージュがあるということで、デザートワインもいただきました。

 

フロマージュはすべて国産とのこと。

 

アバンデセールは、チョコレートの容器に詰められたゼリー。

 

デセールは、トリュフのチョコクリームと抹茶のアイス。

チーズをいただいた後でしたので、デザートにトリュフはちょっと重い感じがしました。

 

お酒も回って、最後のプティガトーとミントティーは写真を撮り忘れです。

 

美味しい“ヌーヴェル・エポック”のお料理をごちそうさまでした。