オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【京都】「岡崎別邸」の朝食と《まとめ》

朝食も、昨夜と同じ「ヌーヴェル・エポック」でいただきました。

 

新緑の美しい季節で、ホテルの庭園とその先のお寺のお庭が重なって、心和む風景が広がっています。

 

こういう景色を眺めながら、ホテルメイドの朝食をいただけるなんて、最高の幸せです。

 

 

見ているだけで嬉しくなるような色彩豊かなサラダ。

 

プロが作ったフワフワのオムレツ。

 

爽やかで気持ちの良い対応をしてくださるスタッフさんもいて、お腹も心も満たされる時間を過ごせました。

 

《まとめ》

今回のホテルステイは、個人的には“大失敗”でした。

 

ホテルオークラが20年ぶりにオープンしたホテルで、オークラ初のスモールラグジュアリーなホテルということで、過度な期待をしてしまいましたし、

 

HPの「眼下の日本庭園はもちろん、京都の山並みをご覧いただけます」という言葉に妄想が膨らんでしまって、テラス付きのスイートなんかを予約したのが間違いでした。

 

ホテルステイが大好きなオババですので、ウワ〜ッ!という特別な感激が得られるのであれば、エイッ!と清水の舞台から飛び降りることも多々あるのですが、

 

基本的に、寛げれば広さにはそこまでこだわりませんし、スイートでなくても、日中ベッドが見えていても全然平気なのです。

 

こちらのブログでも再三書いていますが、オババが、寛ぎの要素として一番大切に思っているのが窓からの景色です。

 

それが今回は、これでしたから・・・と、再びアップします。

 

多分、お部屋の家具にしても、ホテルのインテリアにしても、お食事にしても、寛げる要素はたくさんあったはずです。

 

でも、景観のショックが大き過ぎて、他を感じる余裕がありませんでした。

 

お隣のお寺さんの工事が終わった頃に訪れると、また違った印象を受けるかもしれません。

 

今回は、オークラのサイトから、「別邸スイートダブル」のお部屋をタクシー送迎付き、夕食・朝食付きのプランで申し込みました。

別途、京都の宿泊税の¥1,000に、夕食時のお肉の追加料金とワイン代をお支払いしました。