オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【石川】「H日航金沢」①部屋(リュクスデラックスキング)

富山で合計3泊した後、北陸新幹線の「かがやき」で金沢に到着しました。

 

金沢を訪れたのは、2、30年ぶり。

当然、2005年にできたこの鼓門にお目にかかるのもお初です。

 

なんでも金沢駅は、アメリカの旅行雑誌で、世界で最も美しい駅として、日本で唯一第6位に選ばれたこともあるそうです。

ウ〜ン・・・でもやっぱりオババは東京駅の方が・・・・(金沢の方ごめんなさい)

 

で、この金沢駅から歩いて2〜3分の所にあるのが「ホテル日航金沢」です。

 

ゆったりとしたロビー。

フロントのスタッフさんも、日本のホテルならではの気働きが感じられます。

 

客室は、17階から28階までに253室があり、

17階から19階が「スタイリッシュ」、20階から25階が「コンフォート」

26階と28階が「リュクス」そして27階が「ニッコー」とカテゴリーが分かれています。

 

今回は、26階の「リュクスデラックスキング」というお部屋を利用しました。


エレベーターを降りると、カードタッチのセキュリティー

最近は、エレベーターのカードタッチと併せて、標準装備になりつつありますね。

 

リュクスフロアは、今年の3月にリノベーションが行われたばかりだとか。

 

すっきりとした機能的なお部屋です。

 

壁側のデスクも使いやすかったです。

 

ベッドの壁側のアートは、金沢在住の若手作家さんの作品なのだそう。

 

タイトルは「おもてなしのはこ」。

 

ウェルカムスイーツは、長い焼き菓子が6本。

しっかりお土産にいただきました。

 

冷蔵庫の中も含め、

 

飲み物はコンプリメンタリー。

 

横長で全体の写真を撮れませんでしたが、リノベーションされたバスルームが、オババには嬉しかった点。(いかにもユニットバスというのが苦手なオババです)

 

ダブルの洗面台に

 

ゆったりした空間のあるバスタブ。

 

横にはシャワースペースもありました。

 

若手作家さんによるアートがここにも。

 

ということは、お部屋の中にあるこれもですね。

 

そして、オババが重視するお部屋からの景観は・・・

高層階から金沢の街が一望できました。