オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

神社が興味深い

昔から、“困った時の神頼み”ではないですが、何か困ったことや悩み事があると、自然と神社に足が向いていました。

 

とは言っても、宗教的な信仰よりも、

緑に囲まれた境内を歩き、神様に向かって手を合わせることで、自分と向き合っていたのだと思います。

 

オババが、本当に神社に興味を持ち始めたのはつい最近のこと。

2〜3年前に、姉と京都に行った時、姉が御朱印帳を持っていたのです。

その頃のオババの旅行は、煩雑な日常から逃れて、ひたすらホテルでのんびりするというスタイル。

大量に流れ込む大陸からの観光客に、ちょっとイライラもしていました。

 

神社巡りを取り入れることで、変わりゆくホテルの環境にも寛容になれそうな気がしたのです。

はいはい、実に単純な動機ですぅ。

 

本来、無宗教者のオババ。

最終的には、天国や極楽よりも、自然の中に消えていきたいなどと思っています。

 

神道には、経典や教えもなければ、開祖者もいません。

山の神や海の神をはじめ、木や岩や滝・・・と、自然のあらゆるものに神様の存在を認めてきました。

 

実に面白いではありませんか!!

 

・・と興味を持ち始めた直後に、コロナ禍で身動きが取れなくなり、オババ自身の生活環境も変わりました。

これは神様が勉強をしなさいということだと思い、ネットや本を開き始めました。

 

これは、一番最初に買った本。

まず神様のことを知らなくちゃと思って、一番分かりやすそうな本を購入しました。

「国産み」から「天孫降臨」までを初心者でも理解できるように書かれています。

 

次に、どういう神社を訪れようかと思って購入したのがこの2冊です。

いろいろな専門家が、それぞれ異なる視点で厳選した神社100選です。

 

神社検定の本も読み始めました。

 

神社のしきたりから、社殿の造り、主だった神社のことなど、神社の基本が分かるのが『神社のいろは』。

 

日本書紀』を読み解くのがこちら。

 

こちらは『古事記』を読み解く本。

 

日本書紀』と『古事記』の2冊は、まだ馴染みがあるのですが、

 

これは『古語捨遺』を読み解くもの。

はい、これはもう読むのが苦痛になりましたぁ。

 

神社本庁が監修している「神社検定」用のテキストは、この他にもたくさん出ていますが、オババには、既にこの3冊でギブアップ。

 

これからは、知識そこそこに、境内散策をのんびり楽しみたいと思っています。

境内に、海外旅行客がなだれ込まないことを祈りつつ。