オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【長崎】「オリーブベイホテル」:ラグジュアリールーム

またまたツナギ記事ですが、今回取り上げるのは、長崎県西海市にある「オリーブベイホテル」です。

 

一目でわかると思いますが、隈研吾さんによる設計です。

 

元々は、大島造船所の迎賓館として建てられた全32室のスモールラグジュアリーホテルです。

 

ロビーの様子。

 

今回は、55m2の「ラグジュアリールーム」というカテゴリーを予約しました。

内装は、イギリスの会社が担当したそうで、温かみのある大人の雰囲気です。

 

色づかいがとってもオシャレ。

 

32室すべてが、入り江側のお部屋です。

 

テラスからは、こういう景色が眺められます。

もう絶景です。

 

下を覗き込むと、バラの絵が描かれたプールが見えます。

これからの季節には気持ちが良いでしょうね。

 

ミニバーも充実していて、

 

冷蔵庫のものを含め、すべてコンプリメンタリー。

 

酒類も、太っ腹の中瓶がドドド〜ンとありました。

 

ベッドルームもリビングスペースとトーンを揃えた落ち着いた雰囲気。

 

洗面台はシングルですが、アメニティ類が充実していました。

 

お風呂は、全面ガラスのビューバスです。

 

西海市の大島に位置していて、車がないとちょっと不便な場所にありますが、それだけに静かで、何日もこもっていたくなるような素敵なホテルです。

 

夕食もホテルで予約していましたが、ハウステンボスで過ごしてくる宿泊客が多いようで、貸切状態でした。

 

お食事は美味しかったのに、ちょっと閑散として寂しい夕食でした(笑