オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【長野】「扉温泉 明神館」:半露天風呂「然」のお部屋

全43室の「明神館」の中で、

(マップはHPより)

今回は「然」というカテゴリーのお部屋に宿泊しました。

 

アサインされたのは、412号室の「善知鳥の間」。

善知鳥・・・北日本に分布するウトウという海鳥だそうで、九州人のオババは初めて知りました。

 

「然」のお部屋は、“ありのままで”を意味しているようで、ドアを開けると、丸太がお出迎え。

 

木の温もりが感じられるお部屋になっています。

 

クッションシートが敷かれ、丸太の背もたれにビーズクッションで、床に座り込めるようになっています。

 

きっと視点を低くして、窓の外の緑を存分に愉しめるようにとの趣旨なのでしょうが、

ウ〜ン・・・普通の椅子やソフアの方が良かったです。

一度も座ることなく、スーツケースを広げる場所になりましたぁ。

 

ちゃんとクローゼットスペースはありましたが、1泊で荷物を出すことなく、スーツケースから直接出し入れをしようとしたら、2名だとちょっと窮屈な感じです。

 

ベッドはシーリーとのことで、寝心地は良かったです。

欲を言えば、もうちょっと広めが好みです。

 

・・と、マイナスのコメントを先に並べてしまいましたが、素敵なお部屋でしたよ。

 

ベッドの横には、洗い場付きのカウンターがあり、

 

扉の中には冷蔵庫(飲み物はコンプリメンタリー)、

 

引き出しには食器その他が入っています。

 

カウンターの横にはデスクが取り付けられていて、

 

夕食に行っている間に、お夜食をセットしてくださっていました。

 

そしてこちらのお宿にも、さすが長野ですね、ワインセラーがありました。

 

床ソフア?の横にあるガラスからは、半露天風呂が見えます。

障子で目隠しもできます。

 

この半露天風呂がとっても素敵でした。

 

シャワーも取り付けられていて、

 

ゆったりサイズの半露天風呂です。

折りたたみ式のガラス窓が取り付けられていて、ターンダウン時に閉めてくださいます。

 

洗面台は、ベッドヘッド側の壁にあります。

 

天然素材がたっぷり取り入れられた開放感のあるお部屋でした。