オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【東京】歴史を感じる「東京ステーションホテル」

東京の旅行支援が始まる直前に東京で1泊しました。

 

テレビで旅行支援の話題が取り上げられることが多くなり、“お得感”を強調するコメントばかりが流れ、少々苛立ちを感じているオババです。

 

そもそも、人の動きがある行楽シーズンに、わざわざ人出を増やす政策を重ねて来なくても・・・という怒りもありますしね。

 

今回利用した「東京ステーションホテル」は、100年以上の歴史があるクラシックホテルです。

“箱”の部分も、それはそれは魅力のあるホテルではあるのですが、

それ以上に、長い歴史の中で培われた「おもてなし」の文化が存在するホテルでもあると感じます。

 

これまでに何度も書いていますが、“お得感”による一時的な人寄せは、長い年月をかけて作り上げてきたものを、破壊に導くのではと危惧しています。

 

“お得感”を掻き立ててのバラマキ的な政策ではなく、日本独自のおもてなし文化を守り育てるための、もう少しmatureな政策はないものかと感じます・・・

・・・が、またまた単なるオババの遠吠えですワ。

 

「東京ステーションホテル」は、東京駅の駅舎の中にあるホテルです。

 

辰野金吾の設計により、1914年に開業した東京駅の駅舎、

全国の主要駅が、次々と超近代的な姿に変貌していく中、よくぞ、手間ひまかけて、オリジナルの保存&復元の選択をしてくれました!!

 

本当に美しい駅舎です。(こちらの写真は前回撮影)

 

駅舎は、2011年に国の重要文化財に指定され、

駅舎の中にある「東京ステーションホテル」は、HPには、“使い続ける文化遺産”と書かれています。

 

こちらの入口をくぐると

 

コンパクトながらも趣のあるロビー。

 

全150室のホテルで、「スモールラグジュアリーホテルズ」に加盟しています。

 

ロビーの横には、とっても素敵な雰囲気の「ロビーラウンジ」があります。

ここでお茶をする予定でしたが、日曜日だったこともあり、順番待ちの長蛇の列。

今回は諦めました。

 

なんと言っても駅舎に位置するホテルです。

300m以上もの長〜〜〜い廊下が続きます。

 

ところどころに飾られた

アレンジメントを見て回るのも楽しいです。

 

今回の滞在では参加しませんでしたが、ホテル主催の「館内見学ツアー」があり、スタッフさんから詳しい説明をしていただくこともできます。

 

以前参加した時の情報を少しアップしておきます。

 

こちらは4階にある「アトリウム」です。

駅舎の中央大屋根裏に位置するゲストラウンジで、朝食ビュッフェもここで提供されます。

 

天井までの高さは9mもあるそうで、可愛いシャンデリアが印象的。

 

中央には、旧駅舎の煉瓦を見ることもできます。

 

ツアーでは、駅舎の屋根を見せてもらったり、

 

ブラタモリ」さながら、駅舎ドームのレリーフの説明をしてくださったりします。

 

また、こちらのホテルの特別室でもある「インペリアルスイート」のお部屋も見学させてもらいました。

 

ベッドルームだけを切り離しての宿泊もできるそうですよ。

 

こちらのお部屋のDENには、創建当時の赤煉瓦の壁も残されています。

 

次回は、今回オババが宿泊したお部屋の様子をお伝えします。