オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

【熊本】「桃李」でおひとりさまの中華アラカルト

ホテル日航熊本」の宿泊記事の続きです。

 

コロナの影響で、予定していた和食の「弁慶」が、前日までの完全予約制になっているとのことで、中華の「桃李」を案内していただきました。

 

ホテルの中華でおひとりさまの夕食だなんて、さすがのオババも初めての経験かもしれません。

中華って、大人数でワイワイ取り分けて・・・のイメージがありますからね。

 

しかも、コースをオーダーすれば、まだ普通にいただけたのでしょうが、コースのメニューを見ても、これは好きだけれどもこれはちょっとなぁ・・・という感じで、

 

ならばという事で、おひとりさまの中華アラカルトを経験してきましたぁ〜。

 

まずは前菜。

焼豚をいただきました。

f:id:obabajournal:20220411082907j:plain

肉厚で、蜂蜜の上品な甘味があって、とっても美味!

 

イタリアのプロセッコと一緒に。

f:id:obabajournal:20220411083143j:plain

グラスでいただきましたが、なかなかのお味です。

 

そして、アラカルトにしたのは、これが食べたかったからです。

ヨシキリザメの姿煮。

f:id:obabajournal:20220411083613j:plain

ア〜、やっぱりこういうお店でいただくフカヒレちゃんは美味しいワ。

 

ここで、グラスの赤をいただきました。

f:id:obabajournal:20220411083827j:plain

南アフリカのカベルナだそうで、南アフリカのワインをいただいたのは初めてでしたが、予想以上に美味しくいただけました。

 

大好きなおこげは、ハーフサイズを薦めていただきました。

最後のジュワ〜はテーブルサイドでしてくださいます。

f:id:obabajournal:20220411084358j:plain

 

こちらも美味しくいただきました。

f:id:obabajournal:20220411084450j:plain

 

おひとりさまの中華アラカルトで残念なのは、品数が極端に少なくなることです。

ここでもうお腹がいっぱい。

 

最後に、おすすめのデザートを持ってきてもらいました。(ブレブレ写真です)

f:id:obabajournal:20220411084543j:plain

 

おひとりさまの中華も、ホテルだからこそ、楽しみながら美味しくいただくことが出来ました。

スタッフさんのお気遣いに感謝です。