オババのトラベルジャーナル

おひとりさまのオババが、ちょっと素敵なお宿に泊まって、のんびりお城や神社を巡ります

日本100名城「名護屋城」

唐津城から車で30分弱。唐津の旅2つ目のお城、名護屋城に到着しました。

f:id:obabajournal:20220327214920j:plain

 

名護屋城は、大陸侵攻を企てた秀吉が、国内の前線基地として築いたお城です。

f:id:obabajournal:20220327215132j:plain

 

天下統一だけでは飽き足らず、海を越えた国にまで手を出そうとした秀吉。

 

連日、ロシア軍のウクライナ攻撃が伝えられる中、複雑な思いで城趾を巡りました。

 

城域は、17万m2にも及び、当時は大阪城に次ぐ規模だったとか。

 

周囲には、全国から集まった諸大名の陣屋が150以上も建てられ、20万人を超える城下町ができたそうです。

f:id:obabajournal:20220327220732j:plain

 

秀吉の命で、わずか5ヶ月で建てられた城も、秀吉の死後は廃城となり、解体資材は唐津城に転用されたといいます。

 

また、一揆などでの立て籠りを防止するため、石垣なども破壊されたそうで、そのまま現在にまで残されています。



三の丸跡地

 

そして本丸跡地

 

ここが天守

 

この天守台からは、穏やかな海の風景が広がっています。

 

こういう美しい風景を前にしても、海の先にある大陸への支配欲しか湧かなかったのでしょうか・・・

 

「太閤が睨みし海の霞かな」

 

以前にも、何度かこちらを訪れたことがありますが、これまでは、侵攻する側の視線で見ていました。

今回のウクライナ戦争で、侵攻される側の視点が加わり、とても複雑な心境で巡った名護屋城でした。

 

御城印と、日本100名城スタンプをいただいて帰路につきました。